クリスマスケーキはいつ食べる?24日と25日どっちが本当の食べる日?

 

今回は、クリスマスケーキを食べるタイミングや買ったケーキの日持ちなどをまとめました。

クリスマスを華やかに飾る食べ物といえばクリスマスケーキですよね!

日本ではクリスマスといえばイヴと呼ばれる24日とクリスマスの25日の2日間あります。

実際、クリスマスケーキは24日と25日どちらの日に食べるのが正解なのでしょう?

そこで、今回はクリスマスケーキの本当の食べる日(タイミング)についてご紹介します!

スポンサーリンク

クリスマスケーキを食べる日は24日と25日どっち?

24日のイヴにクリスマスをお祝いする人も居れば、25日のクリスマスにお祝いする人も居ますよね。

一般的にクリスマスプレゼントは25日の朝、枕元に置いておくのが多いですが、じゃあクリスマスケーキは?と疑問になる方も多いと思います。

結論から言いますと・・・

クリスマスケーキは24日でも25日でもどちらの日に食べてもOKです。

24日の夜にクリスマスパーティーをするならば24日

25日のクリスマス当日にお祝いるなら25日

またまた24日も25日も食べちゃうよ!なんてのもOKです♪

特に、この日にケーキを食べなければいけないという決まりは日本にはありません。

しかし海外では25日はケーキどころかクリスマスのお祝いもしないんです!!

海外では日本の様にクリスマスを楽しむのでは無く、キリストの誕生をお祝いする、年間行事のひとつという考えが多くその為からクリスマスは24日の夜から25日の日暮れまで。

プレゼントもクリスマスケーキも全て24日~25日にかけての間だけなんですね〜。

本場海外から考えるとクリスマスケーキを食べるのは24日が正解ですが日本はクリスマスはキリストの生誕祭!と言うよりもひとつの楽しいイベントとして楽しむ人がほとんどですよね。

ですから、24日でも25日でも好きな日にケーキを食べちゃっていいんです!

スポンサーリンク

25日のクリスマスケーキは半額?割引を狙うのもアリ

先程、クリスマスケーキは24日でも25日でもOK!と言いましたが、一般的には、24日の夜にクリスマスケーキを購入する人が多いです。

ケーキは生菓子ですので日持ちはしません。

ですのでケーキショップやケーキが売られているお店は24日の閉店間際に割引されている事があります。

でもちょっと待って!

安いからと言ってもクリスマスケーキを割引でお得に購入するのは24日では間違いなんです!!

一番安く購入出来るのは25日の夜

一般的に24日にクリスマスケーキを購入する家庭が多い為24日の閉店間際に行っても割引されていないお店も多いです。

しかし25日だと次の日は26日、クリスマスと何の関係もない日になりますよね。

ケーキ屋さんとしても24日、25日の2日間の間でケーキを売ってしまいたいと思っているので一番安く購入できるのは「翌日がクリスマスではない25日の閉店間際」という事になります!

クリスマスケーキの日持ちする期間はどのくらい?

クリスマスケーキといえばホールケーキを購入する方がほとんどではないでしょうか?

普段のカットされたケーキよりもホールケーキの方がクリスマスっぽくてわくわくしちゃいますよね♪

ですがホールケーキ、勿体ないな〜と思いながらも一度は破棄してしまった事はないですか?

ケーキの消費期限は基本的に当日表記。3人家族や4人家族でも一日では食べきれない事も多々あるかと思います。

実際、ケーキ屋さんの消費期限には当日表記になっていますが気にしないのであれば翌日も食べる事ができます。

その時注意するのがまず保存方法。

腐ってしまうと思って箱の中にケーキを入れたまま冷蔵庫で保存するのは絶対ダメ!

箱が水分を吸収して乾燥してしまう為ケーキが痛むのが早くなってしまいます。もしも冷蔵庫で保存するならば必ず箱から取り出してケーキ専用の容器に保管する、たまはお皿に移す等して冷蔵しましょう。

また、クリスマスケーキであれば時期は冬ですよね。

廊下や階段、隣の部屋など暖房のきいていない部屋であればそのまま保存しても大丈夫!

空気が寒いのでわざわざ冷蔵庫に入れる必要もありません。

ケーキの中でも痛みやすく日持ちしにくいのは生クリームやフルーツ等を使ったデコレーションケーキなどです。

生のフルーツが使用されているので痛みが早く、生クリームの水分も少しずつ無くなっていくので時間が経てば経つほどパサパサしたケーキに。

またスポンジは水分を吸収してフワフワ生地からしっとり生地になってしまいます…

それでもいいのであればフルーツは傷んでいないか?生クリームは変色していないか?カビは生えていないのかよく確認して食べましょう。

デコレーションケーキだからといって絶対に食べてはいけないのではなく参考まだに、味が劣化しやすいと思って貰えるといいです。

反対に、フルーツが乗っていないケーキ(ベイクドチーズケーキやガトーショコラなど)は日持ちします。

翌日温めて食べるのもまた美味しいです。デコレーションケーキと違って出来たてよりも少し時間が経った方が味が馴染んでしっとり美味しく食べられます♪

また、ケーキの中でも断トツ消費期限が長いのは「アイスケーキ」です!

もちろんアイスで出来たケーキなので冷凍庫で保存して、食べい時に食べたい分だけ食べる事が可能です。

最近ではキャラクター物や戦隊モノなどのお子さんが喜ぶアイスケーキからビターチョコを使った甘すぎない大人向けアイスケーキなど種類も様々。

一日では食べきらず、翌日も食べたい!という事であればアイスケーキを購入してみるのをおすすめします♪

クリスマスケーキの食べる日、割引、日持ちまとめ

日本ではこの日にクリスマスケーキを食べなくてはいけない!

という風習がないので各ご家庭食べる日は何日でも大丈夫です。

また、ケーキを日持ちさせたいと思うのであれば、今年はデコレーションケーキでは無くガトーショコラやアイスケーキを購入してみるのもいいですね。

ケーキと一緒にプレゼントの準備も参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】
小学生の子供が喜ぶ予算別クリスマスプレゼントまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP