わっしょい百万夏まつり2018!日程や屋台の出店・アクセス・穴場の駐車場情報

 

夏になると楽しみなのが、お祭りですよね。

今年もご家族でお祭りや花火に行かれる方も多いのではないでしょうか?

私が毎年行っているお祭りの中で、九州に住んでいる方におすすめしたい祭りが、福岡県北九州市で行われる「わっしょい百万夏まつり」です。

なぜなら、よさこいなどの踊りも数多く楽しめるとともに、数え切れないほどの屋台に、毎年感動を与えてくれる大迫力の花火大会まで、夏祭りのすべてが「わっしょい百万夏まつり」で体験できてしまうからです。

本日は、「わっしょい百万夏まつり」の見どころや、穴場の駐車場、おすすめ屋台まで地元民の視点で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

わっしょい百万夏まつりとは

まず、わっしょい百万夏まつりとはどんな祭りかをご紹介します。

わっしょい百万夏まつりは、福岡県北九州市小倉で行われる北九州市を代表するお祭りです。

元々、1973年からはじまった「まつり北九州」が前身となり、1988年の市制・政令市25周年を記念して【わっしょい百万夏まつり】が始められました。

当初、北九州市というのは5つの市が合併して成立した市だったため、合併後も合併する前のそれぞれの市の意識があるとされ、その垣根を振り払って市民の心を一つに合わせることをコンセプトとし開催されました。

今では、例年150万人を超える観客の方が訪れる九州でも、1,2を争う有名なお祭りです。

スポンサーリンク

わっしょい百万夏まつり2018の日程やおすすめのイベントや踊りなどの見どころは?

毎年、8月の第一土曜日と日曜日の二日間にわたって行われます。

1日目:YOSAKOI、こども夢ステージ、夏祭り大集合
2日目:パレード、百万踊り、花火大会

お盆前でもこの日は、小倉が人で溢れ、活気で溢れています。

元々、北九州市小倉は大きいデパートや企業がたくさんあるため、日常でも活気で溢れているのですが、当日は人で溢れ返っていて、初めて行ったときは人で溺れそうでした(笑)

わっしょい百万夏まつりの見どころ「百万踊り」

わっしょい百万夏祭りの見どころといえば、まずは【百万踊り】です。

 

百万踊りは、毎年夕方17時頃から始まり、1万以上の参加者を募って小倉のメイン通りを輪踊りで踊ります。

1万人が色とりどりの衣装を来て踊りながら歩く姿を初めて見るときは、圧巻だと思いますよ!

私も初めて見たときは「なんじゃこりゃ!?」と思って、ずっと見入っていました。

そして浴衣の綺麗なお姉さんやイケメンのお兄さんがとても楽しそうに踊っているので目の保養でしたね…(笑)

元々が市民の心を1つに合わせることをコンセプトにしているだけあって、百万踊りがまさにそれを表している感じですね。

老若男女までたくさんの自治体の方や学生さんなども参加されています。

それぞれで浴衣をそろえたり、Tシャツを揃えたりしていて、見ている方も凄いなー!と思ってみています(笑)

わっしょい百万夏まつりの見どころ「夏まつり大集合」

次におすすめなのが、メインステージで行われる「夏まつり大集合」というイベントもオススメの1つですね!

 

見ていただいて分かるとおり、たくさんの催し物があり、御輿などの迫力もすごく、飽きないこと間違いなしです♪

北九州出身の芸人ロバートさんも来てくださったりすることでも地元では有名です。

ロバート好きの方には見逃せないイベントですね♪

わっしょい百万夏まつりの見どころ「花火大会」

勝山公園で約3,000発が打ち上げられる花火大会が、夏祭りの最後に開催されます。

会場周辺の河川敷には、昼過ぎから場所取りが行われ混雑必至です。

市役所前で、前売り券が1席1,800円で販売されております。ちなみに当日券だと2,000円となります。

わっしょい百万夏まつりの花火を見る穴場スポット

2,000円近くもお金をかけられない!って方におすすめする穴場スポットを紹介します。

「TOTOミュージアム」、「風の橋」、「小倉北区警察署の前」の3カ所からなら、少し離れている分、比較的空いていてかつすごくよく見えるので、会場近くでみるよりもおすすめです。

スポンサーリンク

わっしょい百万まつり会場へのおすすめなアクセス方法と穴場の駐車場

これだけの大規模なお祭りですから、当日は人で溢れ返っています。

お祭りへのアクセス方法ですが、主なアクセス方法は、JRを使った電車でのアクセスとなります。

最寄駅は小倉と西小倉があり、北九州ではメインとなる駅ですね。

小倉駅はおりたらすぐ商店街があり、とても栄えています。

西小倉駅はすぐ近くにリバーウォーク北九州があります。

駐車場も小倉は多い方だと思いますが、土日という事もあり、なかなか停める事ができません。

停められたとしても、人混みが多いため、渋滞の中の運転にストレスを感じる方も少なくないと思います。

もしもどうしても車で来たいという方は、少し手前の駅付近で車を停めて、JRに乗り換えてくる事をオススメします。

西小倉の手前の駅の「城野駅」ならば、駅の近くに24時間停めても安いパーキングが多数あります。

ただ、小倉に近くなってしまうので、そこまで来る渋滞が億劫になる可能性もあります。

その場合は、少し遠いですが、「行橋」や「苅田」などに停めて20分ほど電車に揺られてきてもいいですね♪

20分は長く感じそうですが、割とおしゃべりやゲームをしてるとあっという間に小倉についてしまうので、全然問題ありません。

当日は浴衣の人も多数見受けられるため、女性の方は浴衣でおしゃれして来るとテンションが上がると思います♪

わっしょい百万まつりの屋台の出店場所や営業時間!北九州のオススメ屋台は?

夏祭りや花火といえばやっぱり屋台が楽しみですよね。

わっしょい百万まつりへ行けば、「金魚すくい」や「かき氷」など、あらゆる屋台が楽しめると言っても過言ではありません。

わっしょい百万まつりは、北九州市をあげての祭りという事もあり開催される規模や広さがとてつもなく広いです。

ありすぎてね、もうね、どれを伝えていいのかわからないんです(笑)

先にご説明したリバーウォーク北九州もそうですが、小倉の駅前から小倉城にいたるまで、あらゆる所がお祭りムードになっています。

特に、小倉城周辺や勝山公園、リバーウォーク九州辺りのメイン箇所には出店が所狭しと並んでおり、どれを選ぼうかとかなり迷うレベルです(笑)

そして迷っている間に人の波に揉まれてしまい、買いたいものが遠ざかっているといういつものパターンですね!(笑)

その中でも、個人的にオススメな屋台をご紹介させて頂きます!

北九州わっしょい百万まつりのおすすめ屋台は「はしまき」

みなさん「はしまき」はご存じですか?

九州では当たり前のように屋台にあるはしまきですが、なんと…実は…地方限定という事に何年か前初めて知りました!笑

はしまきは、簡単に言うなら【クレープのお好み焼きバーション】みたいな感じです。

薄く引いた小麦粉に具材を乗せて焼き、その具材をわり箸に巻きつけて販売します。

関東の友達が九州に来た際に、初めてはしまきを見たらしく「なにあれ?お好み焼きじゃないの?」と言われて、「え!?はしまきじゃん!はしまき知らんの?え?マジで?」ってなったのを覚えています。

私は幼いころから当たり前のように屋台ではしまきがあったのでその時はたいそう驚いたのですが、そうですよね、向こうはないんだな…

ですので、九州以外から来た人におすすめしたい、九州のソウルフードになります。

これがトッピングが色々あり、目玉焼きを乗せている屋台もあります。

お店によって色々アレンジやトッピングもあるので、結構楽しめますよ。

北九州わっしょい百万まつりのおすすめ屋台は「梅ヶ枝餅」

はしまき以上に、「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」って何?という方もいるのではないでしょうか。

 

梅ヶ枝餅は太宰府天満宮の名物となっています。

梅ヶ枝餅の梅紋は菅原道真が由来となっています。

梅ヶ枝餅だからと言って、梅の味がするとか香りがする事はありません!

福岡の方では、お祭りの時や神社でイベントがある時はよく出店されています。

中には餡がたっぷり入っており、焼きたては外はふわっもちっとしており冷めてもとても食べやすいので小さい子でも美味しく食べられます♪

小腹がすいたら、歩きながらでもとても食べやすいので、小さい子でも安心して食べさせる事が出来るのでお祭りでもいいですね♪

スポンサーリンク

わっしょい百万夏まつり2018!日程や屋台の出店・アクセス・駐車場まとめ

今回は福岡県北九州市の【わっしょい百万まつり】についてご紹介いたしました!

はしまきや梅ヶ枝餅もすごく美味しそうでしたでしょう?いかがだったでしょうか?

その他にも、小倉城でイベントなどもやっていたりもするので、この夏は家族でで行ってみて、色々と探してみてくださいね♪

【あわせて読みたい】
豊前市みなと祭りの花火大会のイベント日時と穴場の屋台、駐車場情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP