七夕祭・七夕イベント2018関東編!人気なおすすめデートスポット

 

この記事では、関東の東京などで開催される人気の七夕イベントを一挙にまとめてみました。

織姫様と彦星様が天の川で年に一回だけ会えるロマンチックな恋人たちのイベントであるとともに、お願い事を短冊に書いて笹の葉にさげると願いが叶うとされる子供にも人気あるイベントが「七夕」です。

恋人達のデートから子ども達に人気のイベントまで、全国各地で毎年、七夕祭りが開催されます。

今回は関東地方の、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県で、特に人気の七夕イベントをご紹介します。

これを参考に、家族、友達、恋人と七夕イベントにお出かけしてみてください。

スポンサーリンク

関東七夕イベント1:狭山市入間川七夕まつり【埼玉県】

まず初めに、埼玉県狭山市の入間川七夕まつりをご紹介させていただきます。

入間川七夕まつりは、関東三大祭りのひとつとなっていて、とても大規模なイベントとなっています。

毎年8月の第一土曜日と日曜日に渡って、11:00~21:00の時間帯で開催されます。

特に一日目の夜19:30からは、このお祭りのメインイベントでもある花火大会があるので、毎年、大混雑しております。

車などでのアクセスは渋滞がすごいので、早めの出発を心がけましょう。

ただ、やっぱりアクセス方法は、電車で狭山市駅で降りて向かうのが渋滞に影響されないし、駐車場なども気にしなくていいので、ゆっくり堪能したい方にはオススメです。

当日は、市民広場から七夕通り商店街を中心に約1.5kmの沿道で、屋台やイベントなどが開催されます。

沿道ということなので、屋台の出店数がとてもすごく、いろいろ楽しめるすごく面白いお祭りです。

8月なので、浴衣デートしたいカップルにおすすめのお祭りです。

狭山市入間川七夕まつり公式サイト

 

スポンサーリンク

関東七夕イベント2:茂原七夕まつり【千葉県茂原市】

次に紹介するのは、千葉県茂原市の「茂原七夕まつり」です。

「茂原七夕まつり」も、関東三大祭りの一つとなっていて、88万人の観光客が訪れます。

開催日は7月の最終金曜日、土曜日、日曜日の3日間です。

2018年は7月27日、28日、29日となっています。

どうしても土日は混雑してしまうので、会社や学校がお休みであれば、金曜日を狙っていくのもありですね。

こちらでは、もばら阿波踊り、よさこい鳴子踊り、フェスタ21、茂原駅階段アート等のイベントが行われます。

特に、茂原駅階段アートは大規模なアート作品ですので、電車で行く場合は注目してみてください。

当日は茂原駅周辺で交通規制があるようなので、予定ぎりぎりではなく早めに行動する方がいいですよ。

なるべく公共機関を利用しましょう。

茂原七夕まつり公式サイト

関東七夕イベント3:湘南ひらつか七夕まつり【神奈川県平塚市】

次に湘南ひらつか七夕まつりについて紹介します。

関東三大祭りのラストとなります湘南ひらつか七夕まつりのイベントでは、170万人の人が訪れ、様々なイベントが行われています。

今年度は、7月6日、7日、8日の3日間に渡って開催されます。

アクセスは、JR平塚駅で降りて、北口から徒歩2分です。東京駅からはだいたい1時間ほどで着く距離になっています。

平塚の七夕まつりは、戦争が終わったあと、商業振興策として始められたもので、活発な商業力に裏づけられた日本一といわれる七夕飾りの豪華さに特色があります。

特に圧巻なのが、メイン会場の湘南スターモールです。
豪華な七夕飾りで埋め尽くされているので、行った際はぜひ見てみてください。

また、地域の様々な団体のステージやパレードが楽しめるのも、湘南ひらつか七夕まつりならではのイベントとなっておりますので楽しんでみてください。

小さなお子さんのいる家族連れにおすすめのイベントが沢山開催されていますよ!

湘南ひらつか七夕まつり公式サイト

スポンサーリンク

関東七夕イベント4:下町七夕まつり【東京都台東区】

東京都といえばビルが立ち並んでいて、お祭りをするというイメージがないかもしれませんが、新宿や渋谷を離れた下町の浅草橋では七夕まつりが行われます。

下町七夕まつりは、浅草から上野にかけての「かっぱ橋本通り」で毎年7月に開催される由緒あるお祭りです。

今年度は、7月5日から9日の開催。

7日と8日の2日間は、通り全体が歩行者天国となり、ゆっくりとお散歩しながらお祭りを楽しめるので、ベビーカーを押しながらのお子さん連れでも安心して満喫できてしまします。

パレードやパフォーマンスなどのイベントの他にも、縁日が立ち並ぶため、たくさんの人で溢れかえった大変活気ある下町のお祭りです。

東京なので、車で行くよりも、電車でのアクセスが便利です。
中でもアクセスに便利な最寄駅は2つあります。

1つは浅草側にある、つくばエクスプレス浅草駅の地上出口のそばになります。

もう1つが上野側で、上野駅が最寄駅となりアクセスしやすいのが嬉しいですね。

また、さきほどもいいましたが、歩行者専用となる時間帯があるので、なるべく電車を利用しましょう。

上野公園も近いので、動物園や美術館デートなどをかねて訪れると、1日中楽しめるデートになっていいですね♪

その他にも、東京スカイツリーからも近い地域のお祭りとなります!

下町七夕まつり公式サイト

関東七夕イベント5:川越七夕まつり【埼玉県川越市】

埼玉県の七夕といえば、小江戸・川越の七夕イベントです。

川越で有名な氷川神社では、8月に七夕祭を行っています。

こちらでは、紙芝居、花火、お饅頭を楽しむことができます。

特に夜に人気のイベントがあり、18時を過ぎると、奉納芸能、19時を過ぎると、祭典が行われ、七夕まんじゅうが参加者に配布され楽しめます。

さらにそのあと、手持ち花火が配布され、神社の境内で、花火が楽しめます。

花火の火の処理やゴミの後始末をするところもあるので、手ぶらで夏の風物詩を一挙に楽しめてしまうイベントなのが、人気の秘訣です。

子どもから大人まで楽しめるビックイベントとなっていますので、ぜひ家族みんなで参加してみてください。

川越氷川神社公式サイト

関東七夕イベント6:上福岡七夕まつり【埼玉県】

上福岡七夕まつりは、上福岡駅周辺の商店街を中心に開催される地域密着型のお祭りです

アクセスは、東武東上線の上福岡駅より徒歩5分で会場までたどり着けます。

阿波踊りのイベントや七夕飾りのコンクールなどが催され、屋台の出店数も沢山あり、週末の2日間で約17万人が訪れる大変盛り上がるお祭りです。

スポンサーリンク

関東七夕イベント7:阿佐ヶ谷七夕まつり【東京都】

毎年8月に開催される「阿佐ヶ谷七夕まつり」の一番の特徴は、商店街の方たちが手作りする”巨大ハリボテ”です!

商店街のアットホームな雰囲気かもし出すお祭りですね。

お祭り会場は、JR中央線の阿佐ヶ谷駅前の「阿佐ヶ谷パールセンター」ですので、新宿からもすぐでアクセスしやすいですね。

阿佐ヶ谷の街自体、けっこうオシャレなお店とかもあるので、行ったことのない人は、ぜひ七夕まつりの時期に行ってみてください。

 

七夕デートで女性におすすめな服装は浴衣!その他オシャレな持ち物

七夕祭りデートにはぜひ、彼氏といっしょに浴衣デートしてみてはいかがでしょうか。

この時期しかできないデートですよ。

では、おすすめの浴衣と持ち物を紹介します。

七夕デートには浴衣がおすすめ

 

キョウエツの浴衣は、4点セットで買えて、値段もお手頃なのでAmazonでも毎年人気です。

種類も豊富なので好きなカラーを選んで見てみてください。

4点セットで買えるので、Amazonでも人気の商品です♪

七夕祭りには「浴衣用 カゴ付き巾着」がおすすめ

 

浴衣を着たときのバッグ代わりにおすすめなのが、キョウエツの「浴衣用 カゴ付き巾着」です。

可愛いですよね♪

カラーも沢山選べるのでぜひ見てみてください。

竹でできているので、オシャレなうえ、とても軽いのでおすすめします!

雨の日の七夕デートでも安心できる「和傘」

 

 

上野の下町七夕まつりや、小江戸の川越の街にお似合いのアイテムが「和傘」

急な雨でも和傘があるとせっかく買った浴衣が濡れずにすみます。

浴衣にビニール傘は、さすがにちょっと合わないですからね。笑

七夕デートには甚平!男性におすすめな服装や持ち物

彼女も間違いなく喜びますので、男性も浴衣や甚平を着て七夕デートしましょう。

七夕まつりの時期に買っておけば、地域の花火大会や夏祭りにも着ていけるので、買うタイミングとしてはベストです。

七夕デートには男性も甚平や浴衣の服装がおすすめ

 

 

着付けも簡単にできてしまう商品なので安心できますよね。

日本人は和装が似合いますよね♪

七夕デートには扇子がおすすめ

 

扇子は、職場などの普段使いもできるので、持っていない人は、浴衣といっしょに買うのがおすすめです。

 

七夕祭り、七夕イベント2018関東まとめ

特に人気のある関東三大祭りと下町、川越のお祭りをご紹介しました。

【関東七夕祭り・イベントまとめ】
・入間川七夕まつり(埼玉県狭山市)
・茂原七夕まつり(千葉県茂原市)
・湘南ひらつか七夕まつり(神奈川県平塚市)
・下町七夕まつり(東京都台東区)
・川越七夕まつり(埼玉県川越市)
・上福岡七夕まつり(埼玉県)
・阿佐ヶ谷七夕まつり(東京都)

それぞれの地域の特徴を生かした一大イベントをですので、まだ行ったことのないイベントであれば足を運んでみてください。

大人でも子供でも楽しめるように工夫されているのは素晴らしいですね。

七夕とは、織姫様と彦星様が一年に一回だけで会える日です。

家族や大切な人と、浴衣を着て一緒に楽しんでくださいね!

旅行などで、関西地方の七夕祭りへ行こうと考えている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】
女性用浴衣セット2018!男ウケする可愛い人気のおすすめレディース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP