豊前市みなと祭り2018の花火大会の日程と屋台の出店、穴場の駐車場情報

 

前回は、北九州市の大きいお祭りであるわっしょい百万夏まつりに関してご紹介させて頂きましたが、今回はちょっとした地方のお祭り「豊前市みなと祭り」の魅力についてご紹介させていただきます♪

大きいお祭りは結構日の目を見るけれど…やっぱり地方の地域のお祭りってなかなか日の目を見る事ってないんですよね。

でも、地方のお祭りだから楽しめるポイントがあるんです。

そんな「豊前市みなと祭り」の魅力や楽しみ方を地元民の視点から詳しくご紹介させて頂きます♪

スポンサーリンク

豊前市みなと祭りの開催場所は「宇島港」

今回ご紹介させて頂くのは、福岡県豊前市の【豊前市みなと祭り】です♪

そもそも豊前市ってどこなの?

って方も多いと思います。ええ、そうですよね…(笑)

そんな方に向けて、まずは豊前についてご紹介させて頂きます。

福岡県豊前市は北九州市よりももっと大分県へ下った所にあるところで、大分県と福岡県の県境になります。

たまに、県内の人に「豊前市は大分県じゃん(笑)」って言われますけど豊前市は福岡県です…!豊前市を仲間外れにしないであげてください!

そんなとっても田舎なのですが、実は私の生まれ故郷なんです。(聞いてない(笑))

生まれ故郷の事を書くのは少し照れくさい気もしますが、のどかでとてもいい所なんですよ♪

そんな豊前でも、宇島港で豊前市みなと祭りが開催されています。

豊前市みなと祭りの開催日時と花火大会や土曜夜市などおすすめのイベント

開催時期は毎年7月下旬から8月上旬ほどで、2018年は7月22日(土)の日程で開催されます。

港から打ち上げられる花火は、海面と夜空を全面に彩る素敵な花火です。

打ち上げられるのは3000発とやはり地方って感じの数量しかありませんが、みなと祭りに合わせて駅の目の前にある商店街で【土曜夜市(どよよいち)】というお祭りもやっていて、一緒に楽しむ事ができるのが魅力です。

大きいお祭りは大体二日間に分けてやられる事が多いですが、豊前のみなと祭りは小さいお祭りなので、1日のみで土曜夜市と一緒に行われるため、毎年土曜日に行われます。

スポンサーリンク

豊前市みなと祭り会場「宇島港」でおすすめの食べ物は『一粒牡蠣とシャコ』

前回ご紹介させて頂いた「わっしょい百万まつり」は街中で行われ、街中でドドーンと花火が打ち上げられるタイプのお祭りでしたが、豊前市の港祭りはその名の通り、港で行われるちょっと珍しいお祭りなんです♪

宇島港と言えば、有名なのは【一粒牡蠣】と【シャコ】です!

牡蠣はご存知の方は居るかもしれませんが、シャコって初めて聞く方もいるのでは?

シャコは一見ザリガニのように見えますが、れっきとした食べ物です!

大きさの割に身が少なく、身を取るのに苦労しますが、実はすごくおいしいです。

シャコにも味噌と言われる部分があり、コリコリしててお酒のつまみに最適です。

九州の方では普通に回転寿司にもあるのですが、知らないという人も多いですね。

気になる方は是非一度食べてみてください♪

夏は牡蠣を網焼きにして食べると美味しいですね。

私も幼い頃入っていた町内の子供会では牡蠣を網焼きにして食べていました。

網焼きにして、ポン酢でいただくとまた格別です♪

豊前市みなと祭り会場へのおすすめなアクセス方法と穴場の駐車場があるエリア

アクセス方法としては、2通りあります。

まずは、JRで来る場合は宇島駅で下車していただき、そこから港まで歩きます。

港までは割と距離がありますが、平坦な道なのでそこまで遠くは感じないです。

ところどころに出店があったりしますので、ちょこちょこ買って食べてる人もいますね♪

もう1つは、車で来る場合は港の近くに駐車場が設けられています。

普通にお祭りの日でも停められるので安心してください。なんたって田舎ですから、敷地に困る事はないんです!笑

車を停めていただいてからは、歩いて港まで向かいます。

大きい建物はないので、港まで歩くのが億劫な人は割と車の中から見たりもしています。

私の実家も港からかなり距離がありますが、途中さえぎる建物がないので港まで見に行かなくても割と家からでも見えたりするんですよね♪

でも、割と家族連れや友達同士で行く人も少なくないので、学生の頃はわざわざ港まで皆で行っていました。

帰りに花火を買ってみんなでやったりもしていましたね♪

寛大な人が多いので、若いねぇ可愛いねぇで許してくれます!(笑)

田舎は田舎の良さがあります♪

スポンサーリンク

豊前市みなと祭りの屋台・露店の出店場所や営業時間は?名物屋台は?

屋台は道中にたくさんありますが、割と早い時間から開いています。

当日は15時頃から屋台は営業しています。

土曜夜市は商店街のお店の人たちや青年団の人たちがそれぞれ出店をしています。

いわゆる商店街の人が行う屋台ですね♪

ヨーヨー釣りや金魚すくいなどもあるので、小さいお子さんでも楽しんで頂けます♪

感覚で言うなら、高校生の学祭や大学の学祭に近い感じですね♪

先輩が売り子をしていたりして、当時は先輩にお願いして負けたもらったのを覚えています(笑)

本格的な街中の祭りとは違い、地域の方たちの協力があってのお祭りなので、人の温かみを感じることは多かったですね。

そうそう、豊前市ならではの1つご紹介したい屋台があります。

豊前市みなと祭りの屋台「ハンバーグくじ」

皆さん、「ハンバーグくじ」っていう屋台はご存知ですか?

私は幼いころから当たり前のようにあったので、普通だと思っていたのですが、これって地域限定の屋台だという事を大人になってから知りました。

お金を払って、ビー玉をもらい、パチンコの台のような釘の刺さった板があるので、上からビー玉を流します。

そうすると、下に数字が書いてある枠の中にビー玉が入り、その入った数字の数だけハンバーグがもらえるという屋台です。

これが多くて3本や5本などがあって、幼いころなりにお得感万歳だったのではまっていたのを覚えています♪

大人になって、色んなところのお祭りに行きましたが、これがなかなかないのでアレ?と思っていた所、知らない人も多くてびっくりしましたね(笑)

そんな地域限定の屋台が楽しめるのも、豊前市みなと祭りのいいところではないでしょうか♪

スポンサーリンク

豊前市みなと祭り2018の花火大会の日程と屋台の出店、穴場の駐車場情報まとめ

今回は、私の地元である豊前市みなと祭りについてご紹介させて頂きました♪

都会の祭りと違って、賑わいこそ欠けますが、人混みが苦手でゆっくり屋台や花火を楽しみたいという方にはとてもいいのではないでしょうか♪

なかなか辺境の地なので、来られる方も少ないかもしれませんが、ちょっと遠出してみようかなと思っている方は是非選択肢の一つに加えてみてください!

【あわせて読みたい】
わっしょい百万夏まつり!日程や穴場の屋台・アクセス・駐車場情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP