子連れ再婚で幸せになるには子供の気持ちが重要!結婚式や子供作らない等決め事

 

この記事では、子連れ再婚を考えているシングルマザーの方向けに、離婚後再婚を果たした私の経験をまとめました。

一人で子育てをしていると、頭の中に悪魔のささやきが聞こえてくることがありませんか?

「一度しかない人生、すべてを犠牲にして、なんでこんな思いをしているんだろう」
「何もかも捨てて、逃げ出したい・・・ここからいなくなってしまいたい・・・」

事情は人それぞれだと思いますが、一度は自分で選んで、決断したシングルマザーの道。

子供はもちろんカワイイし、宝物だし、そのためにはすべてを捧げられる!

でも、それでも・・・。

仕事から疲れて帰ってきて座る暇もなく、お風呂の掃除、洗濯、ご飯の支度と、立て続けにこなして洗い物をしている時。夜中、子供を寝かしつけたあとに洗濯物を畳んでいる時。子供を起こさないように、照明を落とした薄暗い部屋で、持ち帰った仕事をしている時など。

時々、ふとした瞬間に。

「あぁ・・・疲れたなぁ・・・私、何しているんだろう。こんなはずじゃなかったのになぁ。」
「この子のことは何が何でも私が守る!でも・・・私のことは誰が守ってくれるの?」

そんな風に思ってしまうことってありませんか?

私はありました(><)時々どころか、結構な頻度で!

夜中に、洗濯物を畳みながら、涙がボロボロ止まらなくなって、フカフカのタオルを1枚、鼻水でぐちゃぐちゃにしてしまったり(笑)

今思えば、この頃が限界だったのでしょうね。

助けてくれる人が、支えてくれる人が欲しいな・・・と思いました。

今回は子連れで再婚をすること、そしてもちろん、再婚するだけじゃなく幸せになるための秘訣を書いていきます。

私は、子供の頃に両親の離婚、再婚を経験し、私自身も離婚、そして子連れ再婚をしたので参考になる部分もあると思いますので、ぜひ、読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

子連れ再婚で幸せになる成功の秘訣

子連れ再婚には子供も一緒にデートするのがおすすめ

自然に恋愛をした場合でもお見合いや紹介といった場合でも、再婚をするにあたって子供の存在がハンデだと考える人が少なくありません。

まして、相手が初婚ならなおさらですよね。

結婚する相手、本人は、自分を選んでくれたのだからいいのです。

それでも、なぜかどうしても、自分の心の中に、子供の存在を申し訳なく思ってしまう気持ちが、時々あらわれるのです。

例えば、デートに行く場所。

遊園地や水族館なら子供連れで行けますが、夜、飲みに行くことや、ライブやコンサートなどのイベントには、子連れで行くのは、なかなかできなくなります。

子供を親にみてもらって、行くことはできるかもしれませんが、そうそう頻繁にというワケにはいかないし、何より預けた子供のことが気になり、ソワソワ気持ちが落ち着きませんよね。

そんなこともあり私は、子供を預ける実家が近くではなかったので、デートはいつも子供も一緒にしました。

思わなくていいのかもしれませんが、「申し訳ないなぁ」という気持ちが、ふと頭をよぎることが、何度もありました。

2人きりでライブデートに行ったのは、結婚してずいぶん経った、子供が一人で留守番できるぐらいになってからです。

でも、今思えばこれが良かったのかな、と思います。

パートナーにも子供を好きになってもらうことが大切

出会った時から、私には子供がいたし、デートにはいつも子供が一緒。

恋人としての、2人きりのラブラブな時間は少なめでしたが、「子供がいる私」を、自然な形で受け入れてもらえたと思います。

子連れ再婚で幸せになるための秘訣は、相手にも子供を愛してもらうこと、そして、子供にも相手を好きになってもらうことだと思うのです。

そのためには、「子供あっての自分」だということ、そしてそれは幸せなことだと、まずは自分がしっかりと自覚することです。

子供がいるから、今の自分がいる、子供なくしては、今の自分はない。

その気持ちを、心の奥にしっかりと、忘れずに持っていてください。

そうすれば、相手に気をつかいすぎて、子供に我慢させてしまったり、傷つけてしまったりすることもありません。

そして、相手の方も、好きになった女性(自分)が大切にしている子供のことを、同じように大切にしてくれると思います。

同じように、子供も、自分のことを大切にしてくれる相手のことを好きになってくれると思うのです。

子連れ再婚で失敗しないためにはパートナーのことも大切にする

もうひとつ、子連れ再婚で幸せになるために、忘れてはいけないことは、子供のことを考えすぎて、相手のことをないがしろにしないことです。

母親ですから、ついつい子供のことばかりを考えてしまいます。

相手の方が、「自分は必要なかったんじゃないか」と思うことがないように、相手ともしっかり向き合うことを忘れずにしましょう。

スポンサーリンク

子連れ再婚をする前に必要な準備~失敗して後悔しないために~

子供の存在がハンデだと考えるのは、もちろん自分だけではありません。

一番の難関は、相手のご両親ではないでしょうか。

相手も子連れ再婚の場合は問題ないとも思いますが、再婚でも子供がいない場合、もしくは初婚の場合。

「なぜ、わざわざ離婚歴のある、しかも子供がいる人と・・・」

ハッキリとは口に出して言われなくても、雰囲気で感じ取ってしまう場合もあるし、直接ではなく相手の方が、両親から言われることもあるでしょう。

親であれば、自分の子供には幸せになってほしいと思うのは当然ですから、その気持ちもわからないではありません。

「再婚だけど、子連れだけど、自分と結婚しても不幸になるわけではない」
「私と結婚しても、一緒に幸せになっていける」

そう思ってもらえれば、一番いいのです。

そのためには、自分と子供のことをよく知ってもらわなければいけません。

そして、知ってもらうためには、相手の男性の協力が不可欠です。

相手の男性から自分と結婚したい必要な存在だということをアピールしてもらいます。

もちろん、相手の親が納得してくれるように、自分も努力しなければいけません。

そしてもう一つ、再婚した後に失敗して後悔しないように、相手との子供をどうするかということを話し合う必要があります。

相手との間に、子供をもうけるつもりなのか、もうけるつもりがないのかです。

私の再婚相手は長男なので、事前に、子供を作るつもりがない旨を話しました。

相手もそれを納得の上で再婚したので、子供は一人だけです。

ただ、相手の親には、子供を作るつもりがないことを結婚前に話すことはしませんでした。

結婚するのは自分たちだし、自分が納得していればいいと相手が言ってくれたのでその言葉に甘えました。

事前に話していれば、反対されていたかもしれません。

再婚して数年後に、相手の両親から、「子供はまだか」と言われたことがありますが、その時も相手が、「授かりものだから、できるときはできるよ」と言ってくれました。

事前に、相手の両親に話すかどうかは、2人で決めることだと思いますが、新たに子供をもうける意思がない場合は、子供を作るためだけに結婚するわけではない、ともに歩んでいきたいのだ、という2人の価値観を理解してもらえるように説得しなければいけません。

子供をもうける意思がある場合は、ご両親に話し、安心してもらうといいでしょう。

子連れで再婚をする場合、子供のことでもめて失敗して後悔する場合が多いので、夫婦で事前によく話し合うことが必要です。

子連れ再婚をする時の子供の気持ちを理解する方法

子連れで再婚するとなった場合、自分たち二人の感情だけではなく、子供の気持ちが重要なポイントになってきます。

0歳、1歳ぐらいの乳児ならまだいいのでしょうが、2歳、3歳になると自我も目覚め、それ以上ともなれば、感情も、意思表示もしっかりしてきます。

「新しいお父さんができるの、嬉しい!」と手放しで喜んでくれるのなら1番いいのですが、賛成とも反対とも言わない場合・・・。

言わないのではなく、言えない場合があるのです。

①ひとつめは、お母さんの気持ちを考えて言えない場合。

本当はしてほしくないけど、お母さんはしたいんだろうし・・・。

この場合は、絶対にして欲しくないわけではないことが多いです。

新しくお父さんになる人がイヤでキライで、絶対に再婚して欲しくない場合は、結構ハッキリ言います。

お母さんを取られちゃいそうで、お母さんが変わってしまいそうで、不安な気持ちが大きくて言えないだけなのです。

だから、この場合には子供にしっかりと愛を伝えてくださいね。

子供がまだ小さいならしっかりと抱きしめて、あなたのことが1番好きで、大事なのだということを伝えてください。

お母さんに愛されているという自信があれば、子供の不安は消えていくはずです。

②ふたつめは、環境が変わることへの不安がある場合。

再婚するとなれば引っ越しをともなうことも多いでしょう。

家が変わる、もしかしたら、学校が変わるかもしれない。

そうすると、友達にも会えなくなるかもしれない。

相手も子連れだった場合、新しい兄弟と仲良くできるのか、新しいお父さんとうまくやっていけるのか・・・。

「家にも学校にも、居場所がなくなってしまったらどうしよう。」などと子供の不安は尽きません。

引っ越しや転校などは、仕方のない場合もあると思います。

できるだけ、子供の不安を取り除いてあげるようにしてください。

再婚する前に、相手の方にも子供がいれば、その子供も一緒に何度か出かけて仲良くなる時間を作ってあげてください。

いざ、再婚して転校をしたときに、慣れない学校生活が始まっても、家が安心できる場所になっていれば大丈夫です。

すぐに、新しいお友達もできることでしょう。

私の場合、私が小学校4年生の時に父が再婚することになりました。

私には2つ下の弟がいて、相手の女性(育ての母)には、私の一つ下の女の子と、私より6つ下の男の子がいて、

お互いが、2人の子連れでの再婚でした。

入籍をする前に、子供4人を含めた6人で、遊園地に行ったり食事に行ったりということをくり返し、そのうちに、家に行き来するようになりました。

ご飯を作ってみんなで食べて、子供4人でお風呂にはいって、泊まっていくようになって・・・というように時間をかけ、段階的に仲が深まっていったのです。

「今度から一緒に暮らすよ」
「これからは、彼女のことをお母さんって呼ぶんだよ」

と、父に言われたときも、「そういうことなんだ」とわかる年でしたが、すでに子供同士はとても仲良くなっていたので、「これからは毎日一緒に遊べるね!帰らなくていいね!」

と、すごく嬉しかったのを覚えています(笑)

私の両親は、どちらも子連れ同士だったので、

「自分の子は褒めない、お互いに相手の子を褒める」

という決め事をしていたそうです。

私の場合は、相手が初婚だったので、「子供を叱るときは、どちらか一方だけ」というルールを作りました。

片方が叱っているときは、片方は口出ししない、あとでフォローしてあげる、逃げ道を作ってあげる、というものです。

【再婚の成功ポイント】
再婚の前に2人で、子育てに関するルールを事前に作っておくのが成功のポイントとなります!

子供の気持ちを理解するのはなかなか難しいことですが、再婚する際は、焦って決めるのではなく、じっくり時間をかけて子供の不安を少しでも取り除いてあげることです。

「あなたがイヤなら、お母さんは、再婚するのをやめるわ。」

これだけは言ってはいけません。

僕、私のせいで、お母さんは再婚するのをやめちゃうの?と、子供が責任を感じてしまいますからね。

責任はすべて自分にあると言うことを受け入れましょう。

スポンサーリンク

子連れ再婚の結婚式!手紙やスピーチなど演出はどうするの?

再婚、しかも子連れとなると、挙式はどうするんだろう?

これは初婚、再婚に関係なく、二人の気持ち次第だと思います!

二人が挙げたいと思えば式は挙げるべきです。

相手が初婚の場合、ご両親は子供の結婚式を楽しみにしているかもしれません。

今は再婚で挙式をするカップルも増えているので、式場の方も慣れていて、色々なプランを提案してくれるはずです。

子供にリングボーイやフラワーガールをしてもらったり、少し大きな子供さんなら、手紙を書いてもらって、読んでもらうのもいいですね!

ケーキカットを、子供も一緒にするのもいいですね!

子連れ挙式ならではのプランで、部屋の一角に、おもちゃや本を置いたキッズスペースを設けて、子連れで式に参加してもらうのもいいですよね。

子連れ再婚の結婚式でご祝儀や親戚のことを考えるのが面倒なら海外挙式!

でも、招待する人はどうしよう・・・同じ人を招待する場合、ご祝儀は?などと悩みも尽きないところ。

それなら思い切って、海外や、沖縄などのリゾート地で旅行を兼ねて、挙式をするのはいかがでしょうか?

居住地ではなく、リゾート地でなら、家族や親族のみの挙式でも周りに理解してもらいやすく、新しい家族での思い出もできるのでオススメです!

ちなみに再婚ではありませんが、私の弟は、入籍後5年ぐらいの時にリゾート地で子連れ挙式をしました。

両家の両親と、新郎新婦の姉妹家族だけで挙げたのですが、弟の子供、私の息子、新婦の妹の子供が走り回る賑やかな食事会でした(笑)

身内だけで他に招待客もいなかったので、気をつかうこともなく子供たちも楽しそうでしたよ!

弟の子供は女の子なのですが、「ママ、キレイだったねぇ!私もお姫様だったねぇ!」としばらく言っていました(笑)

ママとお揃いのキレイなドレスを着せてもらえたのが嬉しかったのでしょうね!

結婚式を挙げるなら楽しい思い出に残るような、子供をいっぱい参加させてあげるプランを考えてみてください♪

再婚したい子連れのシングルマザーにおすすめの出会いの方法

再婚したいなぁ、と思っても、まずは相手が見つからない!!

そう、相手がいない何もと始まりません(^^;

今は、バツイチの人が増えたということもあり、再婚相手を探すのにも色々な方法があります。

インターネットでの出会い

ひとつめは、インターネットを利用して探す方法です。

SNSや、婚活サイトを利用する場合、自分のプロフィールを登録するので、同じ趣味の人など、好みの相手が見つかりやすいのが特徴です。

インターネット上で何度かやり取りをするので、初めて会った時に、初対面の気がせず、すぐに交際に発展する場合も多いようです。

インターネットを利用する場合に気をつけなければいけないことは、子供がいることを初めに伝えておくことです。

隠してやり取りをして、交際が始まってから、相手にわかってしまい、トラブルになるのは、絶対に避けたいところですよね(><)

また、インターネット上でしか知らない人ですから、実際に会う時には十分に注意が必要です。

トラブルに巻き込まれないように気をつけましょう。

婚活サイトでは、立会人をつけてくれるところもあるようですから、信用できるサイトをみつけて上手に利用しましょう!

安心・安全の婚活サイトとしては「マリッシュ」がおすすめです!

マリッシュでは、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方を優遇したプログラムがあるので、公式サイトを確認してみてくださいね^^

そして、女性は料金が無料です!

再婚のためのマッチングアプリを利用してみる

バツイチ限定婚活パーティ

再婚相手を探すふたつめの方法は、婚活パーティーです。

今は、バツイチの人限定のパーティーなどもあります。

バツイチの人だけが参加しているので共通の話や悩みで意気投合し、再婚までのハードルも低いのが特徴です。

3人に1人がカップル成立!ミクシィグループ主催の街コン

友人・知人からの紹介

3つめの方法は、友人、知人からの紹介です。

自分が離婚したこと、再婚したいと思っていることを周りに話しておきましょう。

友人だと、自分の好みや性格をわかってくれているので、ピッタリの人を紹介してくれる場合があります!

また、イベントへの誘いも増えるので、新しい出会いのチャンスも増えます!

バーベキューやボーリングなど大人数参加型のイベントには、子供と一緒に参加して、ありのままの自分を見せるといいと思います。

友人、知人からの紹介で知り合った場合、お互いのことをよく知っているので、交際から再婚までスムーズに進むことが多いようです。

【あわせて読みたい】
友達の紹介から恋愛を発展させる方法!LINEでの最初の話題と進め方

子連れ再婚で幸せになる方法まとめ

今回は、子連れで再婚する場合のあれこれを書いてみました。

子供のことだけを考えてもダメ、相手のことだけを考えてもダメ。

難しいようですが・・・その時に、あなたが1番幸せだと思える方法を選んでください。

お母さんが悲しいと、子供も悲しいですから。

あなたと、あなたの子供が、そして新しいパートナーのみんなが幸せになれる再婚ができるよう、当記事を参考にしていただけたら幸いです。

再婚前に少しでも綺麗になりたい方は、以下の記事も参考にどうぞ。

【あわせて読みたい】
「老けるのが早い人と見た目が若い人の違い」は食べ物!老化防止料理ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP