飛行機ですっぴんはメイク落としシートとスキンケアの持ち込みが必須

 

この記事では、飛行機内で行うメイク落としやスキンケアのおすすめの方法をまとめました。

海外旅行など飛行機で長距離乗る場合は、お肌のためにもすっぴんでいるほうがいいですよね。

しかしがっつりメイクしていて、飛行機内でメイクを落とすにはどうするのが一番いいの?という悩みを持つ方が多いです。

国際線だと特に液体の持ち込みに厳しいので、とても大変ですよね。
そんな時に便利になるのがメイク落としシートです。

メイクシートだと規制に引っ掛からないので安心ですよ。

そこで、メイクシートや他のスキンケアの持ち込み方法などをご紹介していきいと思います。

スポンサーリンク

飛行機の深夜便でメイクは落とさないの?

飛行機の深夜便とは午前0時過ぎに出発する便のことです。

深夜便は中には国内線も多少はありますが、大半国際線なので長時間乗ることになります。

行き先によって着いたら昼間かまた夜かは色々ですが、ついたら昼間の場合はメイクをどうしようかなって思うこともありますよね。

国際線によく乗る人は、最初からすっぴんで乗ることも多いそうです。でも、夜だからといって明かりはついているし人に見られるし恥ずかしいと思ってしまうこともあります。

そんな時の必需品はメガネとマスクです。

飛行機とは関係ないですが、冬の間はマスクをすればすっぴんで外出できるからうれしいという女性も多いので、そんなにめずらしいことではなくなりました。

全部すっぴんは恥ずかしいと言う場合は、眉だけは描いておくなら肌にさほど負担はないですね。

昼間でも深夜でも長時間のメイクは肌によくないので、落とした方がいいです。

途中で眠ることもありますし、ファンデーションがあちこちについてしまうのも嫌ですしね。

スポンサーリンク

飛行機の座席ですっぴんになるにはメイク落としシートがおすすめ

飛行機には持ち込めない物も多いので、化粧品も気をつけないといけません。

メイク落としに便利なのは、メイク落としシートです。ウェットティッシュみたいな感じなので、持ち込んでもOKなのです。

でもあまりに枚数があるのは重いので、10枚入りくらいがちょうどよさそうですね。

薬局ではじめて見たときは、眠くてだるくて洗面所まで行けない人用かと思いましたが、こんなところでも活躍していました。

トイレに行ったりしなくて座席で簡単に拭きとれるのがいいですよね。旅先でも水道がなくて顔が洗えなくてもこれで拭けばすっきりするし、多めにあるといいですね。

メイク落としだけじゃなくて、化粧水効果まであるものもありますので、種類をよく見てくださいね。

それと飛行機の中は乾燥しているので、メイク落としはさっぱりタイプよりしっとりタイプの方がおすすめですよ。

飛行機へのスキンケア用品の持ち込み方法

飛行機の国内線へのスキンケア用品の持ち込み

飛行機には国内線と国際線がありますが、それによって規則も違ってきます。

国内線の場合は、1個当たり500ml以下ならOKで、1人2Lまでが制限となっていますので、液体の化粧水も乳液も大丈夫です。

さすがにトータルでも2L持ち込む人はいないと思いますが、たくさんの種類を使うと言う人は、小さい入れ物に詰め替えてもいいですね。

飛行機の国際線へのスキンケア用品の持ち込み

国際線になるとかなり厳しくなるので、大変です。

国際線は液体を100ml以下でしか持ち込ません。200mlの入れ物に100mlの化粧水を入れたというのでもだめで、没収されます。

小さいプラケースなどに詰め替えて、さらに中が見えるように透明なビニール袋に入れないとだめです。

縦横の長さ合計で40㎝以内の袋で密閉できるものですから、ようするにジップロックみたいなものです。

1人1袋までしか持ち込めません。中身が多すぎてジップロックのチャックが閉じないなどの場合は、閉じるまで量を減らさないといけないことになります。

私はアメリカに行くときに分からず沢山捨てるはめになりました。

飛行機の座席に歯磨き粉やフェイスパックは持ち込み可能?【国内線・国際線共通】

また、液体と書きましたが、ジェル状のものも液体とみなされるので、化粧水がジェルタイプだからOKとは思わないでくださいね。

歯磨き粉も化粧水など液体と同様です。

他にも機内が乾燥しているということで、化粧水を含んだフェイスパックを持ち込みたいと思っている女性は多いようです。

調べてみましたが、フェイスパックは液体扱いにはなってないようなので、普通に持ち込めます。

悩み相談に、お土産として買いたいという人も多く、持ち込み量の制限はありますが、機内で使う為のものですから、1袋か2袋くらいでしょうし、問題ありません。

【あわせて読みたい】
飛行機の座席で簡単にできるおすすめの保湿方法

飛行機での化粧はマナー違反!空港でメイクが無難

メイクはどこで直すのかについてですが、飛行機内の席だと臭いがこもってしまうので、マナー違反です。

電車でメイクするよりもっと迷惑ですよね。

そのため、無難に空港のトイレで行うのがいいでしょう。

飛行機でのメイクは匂いもあるし、本当に控えましょう。

飛行機の座席でのメイク落としシートとスキンケアの持ち込みまとめ

飛行機に何十時間も乗る場合は、メイクも落としてすっきりさっぱりしていたほうがリラックスできますよね。

ベテランさんは最初からすっぴんの人も多いですが、昼間に乗る時はちょっと勇気がいるので後から落とそうって考えますよね。

でもトイレをメイク落としのために占領するのはもちろんマナー違反ですし、座席で落とすのが一番楽です。

特にメイク落としシートは必須アイテムとなっているので搭乗前に準備しておきましょう。

メイクを落とした後は保湿も忘れずにしておきたいところですね。機内は乾燥していますから、降りる頃に肌がガサガサになってしまわないようにメンテナンスしておきましょう。

【あわせて読みたい】
毎月かかる化粧水の費用を半分の値段に抑えるオススメの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP