飛行機内の座席で化粧できる?メイク落としやスキンケアの持ち込み方法

 

この記事では、気になる飛行機内で化粧する方法、化粧を落とす方法、乾燥を防ぐスキンケア対策までをまとめました。

これからのゴールデンウィークや夏休み、シルバーウイークや年末年始など大型連休を使って海外旅行に出かける機会が多くなって来ると思います。

そんな国際線を利用する時に、心配になるのが「機内での化粧やスキンケア対策」です。

長い距離のフライトで機内泊して目的地へやっと到着した時、気分もウキウキで現地に降り立ち、何気なくショーウィンドウに映った自分の顔をみてビックリという経験をしたことがありませんか?

折角の旅の一日目、到着した瞬間に気分がブルーになってしまいますよね。

そこで、頻繁に日本とロスを行ったり来たりする友人に聞いた、機内でのおすすめの化粧のやり方とスキンケア方法について実践してみましたので紹介します。

スポンサーリンク

飛行機はメイクしたまま寝なきゃダメ?機内でおすすめのメイク落としの方法

機内で、うっかりメイクしたまま寝てしまうと、目が覚めた時に顔がカピカピになってしまった経験ありませんか?

飛行機の中は物凄く乾燥しているので、メイクしたまま眠ってしまうと肌トラブルを物凄く起こしやすくなってしまいます。

メイクは必ず落としてから、眠るようにしましょう。(日常と一緒ですね)

でも、飛行機のトイレって大勢の人が使う場所だし狭いので、ゆっくり洗顔するわけにもいきませんよね。

また、自宅を出るときからすっぴんという訳にはいかないし・・・

あまり人がいない夜の便であれば、すっぴんで搭乗するのもありかもしれませんが、なかなかそうはいきません。

そんなときに私が友人に聞いて実践しているおすすめの方法があります。

まず搭乗する前のメイクは普段よりも薄目にして行きます。

そして、搭乗してからメイク落としシートを使って機内でササッとメイクを落としてから眠るようにしています。

メイクを落とした瞬間に、お肌がふ~と一息ついているような感覚を覚えるので、メイクは肌に負担をかけているのですね。

単純ですけど、この方法が1番おすすめです♪

スポンサーリンク

機内泊する場合などは飛行機にメイク道具やスキンケア用品の持ち込みは可能なの?

昨今、飛行機内への液体の持ち込みがとても厳しくなりましたね。

そこで、活躍するのが「オールインワンのメイク落としシート」です。

 

こちらの商品は成田からロスへ年に何回もフライトをしている友人から教えてもらったのですが、「メイク落とし」と「化粧水」が一体になっていて、クレンジング後の洗顔も不要という最強のグッズです。

さっそく買いに行き使ってみたところ、メイクもきちんと落ちるし、その後の乾燥も感じられず、これはとても良いものを見つけたと思っています。

化粧が薄めの人は普段使いにもいいと思います。

ちなみに、全部を持って出かけるのは面倒だったので、私はジッパー付きのビニール袋に入れて持ち歩きました。

これなら、液体ではないので機内持ち込みも大丈夫です。

それに、飛行機の中は密室状態なのでくさいニオイでなくても気分を害する人はいると思いますが、この商品は無香料なので周囲の人の目を気にすることなく使えるのも良い点です。

また、長時間のフライトで肌がどんどん乾燥するのが恐ろしいという方には、シートパックもおすすめです。

 

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、背に腹は代えられないですからね。

楽しい旅のためにはちょっとの恥ずかしさはガマン、ガマンです。

消灯後なら意外と誰も気にしていないかも?!(笑)

そのほか、液体も100ml以下までなら大丈夫なので、小さな瓶にココナツオイルを入れて持って行ったりしていました。

 

顔に塗って乾燥を防いだり、髪に塗って髪の乾燥を防いだりするのに役立ちますよ~!

スポンサーリンク

飛行機ですっぴんの場合に座席で化粧する方法

メイク落としの方法はご理解いただけたかと思いますが、次に気になるのが、飛行機内でのメイクする方法ですよね。

せっかく楽しみにしていた海外なので、できればメイクもした状態で空港でもカシャカシャ写真を撮りたいですよね?

ただ、あまり派手に化粧品を広げてメイクをするのはちょっと気が引けます。

そこで、飛行機を降りる前は最小限のメイクにしておきましょう。

私の場合は、ファンデーションをちょっと付けて眉毛をチャチャっと書き、明るめのリップを付けるくらいで終わりにしています。

これなら、座席でメイクしていてもあまり人の目を気にすることもありません!

この時も、あまり香料が入っているものは避けて無香料なものを持って行っておくといいと思います。

繰り返しますが、旅行先には無香料の化粧品がおすすめ!

 

飛行機内の乾燥から肌を守るための保湿方法

飛行機の乾燥からお肌を守るには、とにかく保湿が重要です。

化粧品などでの保湿の他にも、濡れマスクをして目から下の部分の保湿をしたり、アイマスクをして目の周りの乾燥を防いだりする方法も良いと思います。

 

 

私の中でこの濡れマスクは必須です!

飛行機やホテルに宿泊する際は、紹介している就寝用の濡れマスクがおすすめです。

また、紹介しているアイマスクはAmazonのベストセラー1位の商品でもあるので、いいアイマスクが見つかっていない方はぜひ見てみてください。

また、このような体の外からの乾燥対策と同時に体の内からの対策もしておくのが美容には重要です。

それに一番いい方法は、水分をしっかり摂ることです。

「水分を摂るとトイレに行きたくなるからヤダなあ~」と思ってしまう方もいると思いますが、旅行中を乾燥した肌で過ごすことに比べたら、トイレに行くことくらいマシじゃないでしょうか?

そのため、体の内からも水分を摂っておくことが重要です。

飛行機内に限らず、美容にいい飲み方としては、いっぺんにガブガブと飲むのではなく、少しづつチョコチョコと飲むようにしましょう。

飲むものは「水」にしましょう。

なぜなら、お茶やコーヒーなどのカフェインが入っている飲み物は逆に体の中の水分を奪うので注意しましょう。

もしカフェインをとってしまった場合には、その分多くの水を飲み、水分を補給しましょう。

スポンサーリンク

飛行機内での化粧やメイク落としやスキンケアの方法まとめ

今回は、気になる飛行機内での化粧する方法から化粧を落とす方法、スキンケアまで紹介して参りました。

おさらいすると以下のとおりです。

☑普段よりも薄目のメイクで飛行機に乗る
☑「オールインワンのメイク落としシート」が便利
☑無香料の化粧品を準備する
☑濡れマスクやアイマスクが保湿におすすめ
☑水分をよくとり身体の内からも保湿する

現地に付いたらシワシワな顔になっていたなんて、楽しみが半減してしまいます。

そんなことにならないように、乾燥対策をして旅を大いに楽しみましょうね!

みなさんの旅の参考になったら幸いです。

【あわせて読みたい】
毎月かかる化粧水の費用を半分の値段に抑えるオススメの使い方
飛行機の座席で赤ちゃんにする耳抜き・授乳・おむつ替え・寝かせ方のコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP