サンタクロースの正体は誰?由来・名前(本名)・国籍はどこ?子供への模範解答

 

この記事では、サンタクロースの本名や国籍、由来など、実在するサンタについてまとめました。

サンタクロースはどこから入るのか?トナカイはどうして飛ぶのかなど子供の質問集については、以下の記事も参考にどうぞ。

【あわせて読みたい】
サンタクロースはどこから入る?【子供の質問への回答】

12月になると、子供からサンタさんについて聞かれる事って多いですよね。

クリスマスはサンタさんが来るよ!なんて子供には言っていても、実際サンタクロースについては知らないことも多いですよね。

もしも子供にサンタクロースについていろいろ質問されたら、なんと答えたら良いのでしょう?

今回はサンタクロースの本名や国籍等、サンタさんの正体についてご紹介します!

スポンサーリンク

サンタクロースの由来(起源)とは

実在したサンタさんの名前は誰?

サンタクロースの由来は、もともとある教会で働いていた男性が今のサンタクロースのモデルとなっています。

じつは、サンタクロースは架空の人物ではなく、実際に実在した人物がいたんです!

サンタクロースのモデルとなった男性の名前は、「セント・ニコラウス」さん。

この「聖ニコラウス」をオランダ語で読むと、「シンタークラース」。これが訛って「サンタクロース」と呼ばれる由来になっています。

スポンサーリンク

サンタが赤と白の衣装の理由

また、サンタクロースといえば、赤と白のイメージがありますよね?

そのイメージが世界中に広まったのは、じつはコカ・コーラ社の広告が影響していると言われています。

もともと各国の緑の服を着たサンタさんや茶色の服を着ているサンタさんなど様々な言い伝えがありましたが、当時、コカ・コーラ社のCMがとてつもなくインパクトがあり、大衆に影響を与え、コカコーラのCMのイメージが、そのままサンタクロースのイメージになったのです。

そんなはじまりから、サンタクロースは赤と白の服というイメージになって、全世界でサンタクロースは赤と白だ!と共通化したんですよ〜。

日本のサンタクロースと言えば、いまや赤と白のイメージしかありませんが、世界では、緑や茶色なサンタさんも昔はいたんですよ。

サンタクロースの本名

先程言った通り、サンタクロースの名前は「サンタクロース」ではなく「Saint Nicolas(セント・ニコラオス)」と言うちゃんとした本名があるんです。

またニコラウスはギリシャ語表記ですが、各国語ではニコラウス、ニコラオ、ニコライなど、様々な呼び方をされています。

ニコラウスさんの正体は、4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教。

「教父聖ニコラオス」が「サンタクロース」の始まりだと言われ、簡単に言うとニコラウスさんは教会で働いていた偉いおじさんですね。

ニコラウスさんの言い伝えられている伝説があります。

ある時貧しい生活をしている三人の娘を持つ家族の存在を知りました。

心の優しいニコラウスさんは、真夜中にその家族の家に煙突から金貨を投げ入れました。

このとき暖炉には靴下が下げられていて、金貨はたまたまその靴下の中に入り家族はニコラウスさんのおかげて救われた。

この話が由来となって、「サンタクロースが煙突から家の中に来て、子供たちにプレゼントする」というなじみある文化となったのです。

すごいですね♪

ニコラウスさんはとても優しくて、愛が深いキリスト教徒であり、両親の莫大な資産を手にしましたがニコラウスさんは貧しい人々に分け与えていました。

嵐の中の旅人を助けたり、幼い子供たちを守り、貧しい人々に贈り物をしたり、彼にはこんな素敵なエピソードがあります。

この彼の行いが広まり、プレゼントの贈り主、聖ニコラウスのおかげでサンタクロースが誕生した、と言うことになります。

ですがこんな説を子供に説明する時はなかなか難しいので、子供にサンタの意味を説明する場合は、「サンタクロースというあだ名のニコラウスさんと言う心優しいおじさんがプレゼントを届けに来てくれるよ」と伝えた方が分かりやすいと思います。

実際、ニコラウスさんは家族の元へプレゼント(金貨)を投げ入れ、その家族は幸せに暮らせましたし、サンタクロースの存在も、プレゼントを持ってきてくれる事も嘘ではないということになります!

これだと子供のサンタクロースの夢も壊すことも嘘も無く、子供達の「サンタさんって誰?どんな人?」という質問にもちゃんと答えられますよね。

私も子供に聞かれたらこう答えていて、子供の夢を壊すことなくおすすめです。

サンタさんはどこに住んでるの?国籍や住所は?

1920年代、アメリカのサンタクロースの言い伝えでは、サンタクロースの故郷は「北極」だと言われています。

他にも「グリーンランド」「フィンランド」が出身国だと言う説もあります。

サンタの出身国はグリーンランド説

グリーンランドには、永遠の命を持っている長老のサンタクロースが住んでいると言われていて、1957年に「グリーンランド国際サンタクロース協会」も設立されています。

協会には世界各国のサンタクロースが所属していて、福祉施設や小児病棟の訪問など様々な活動をしています。

いわばサンタさんのボランティア活動ですね!

しかし公認サンタの条件は厳しく、世界中でたったの120人だけがサンタとして登録されています。

サンタの出身国はフィンランド説

一方、フィンランドには「サンタクロース村」があって、実際にサンタさんに会えたり一緒に写真を撮る事も出来ます。

サンタさんが世界中の子供達からの手紙に返事を書いたり、プレゼントを用意したりしているんですよ〜!

サンタクロースの出身地として、北極やグリーンランド、フィンランドなどたくさんの説があってどれが正解とは言えませんが、子供に「サンタさんは本当にいるの?」と聞かれても堂々と胸を張って「いるよ!」と答えることが出来ますね。

サンタクロースは本当にいた!まとめ

サンタクロースは架空の人物と思っている方も多いと思います。

そして子供達も大きくなってくると「本当はサンタさんなんていないんでしょ?」なんて言ってくる事も多いです。

しかし、サンタクロースの由来やサンタクロースがどこにいるか、そしてサンタさんは実在した人物である事をお父さん、お母さんがしっかりと理解し、伝える事で子供達の素敵な夢をまだまだ壊さずにいられるのではないでしょうか。

子供達にはいつまでもサンタさんの存在を信じてドキドキワクワクしていて欲しいですね。

【あわせて読みたい】
小学生の子供が飛び跳ねるほど喜ぶクリスマスプレゼントまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP