LINEのメッセージ「送信取消し」機能の使い方!24時間以内のみ可能

 

スマホアプリの「LINE」を使っていて、送信ボタンを押した後に、”しまったぁ取り消したい”と思ったことはありませんか?

送った後冷静に考えると恥ずかしい誤送信をしてしまって、既読になる前にどうにか消せさえすれば・・・

みんなが1度は経験あると思います。

なぜ、今までこの機能がなかったのか不明ですが、ようやく2017年12月に「送信取消し機能」が追加されます。

想いを寄せる人への誤爆、上司への無礼なメッセージ、寝ぼけながら打った記憶のない送信履歴、全部が怖くなくなりますね。(既読前なら)笑

そこで、LINEの「送信取消し機能」のやり方について紹介していきます。

スポンサーリンク

24時間以内に送信したメッセージのみが取消し可能

ユーザーの反応を確認しながら、送信取消し機能を順次改善していくようだが、1番最初の導入時は「24時間以内に送信したメッセージのみ」が取消し可能です。

24時間超えると、現状(11月16日現在)どおり、取消しすることはできません。

ただ、だいたいメッセージを取り消したい場合って、送った直後からもう取り消したくてしょうがない場合がほとんどですよね。1日以上経って取り消したいって思うことってあんまりないと思います。

そのため「24時間以内のメッセージ限定」でも問題ないのかなと思います。

LINEの送信取消し機能の使用方法

2017年11月現在のスクショ

11月なのに、間違えて夏っぽいメールを送ってしまいました・・・

消したいと思ったとき、実は今でもメッセージ「長押し」すると削除できるボタンが出現します。

実際に削除ボタンを押してみると、

削除したいメッセージに「レ」を付け削除を押す

これで万事解決と思ったものの、削除ボタンを押した直後に出てくるメッセージは・・・

ちーん。無意味じゃん

現状はこんな感じで何の意味もなしてません

しかし、2017年12月以降は、送信後24時間に限り、メッセージを長押しして出てくるメニュー部分に新しく「取消し」ボタンが追加されるようです!

取消しボタン後のメッセージなど「送信取消」機能の詳細については、実装時にわかる模様です。

スポンサーリンク

まとめ

LINEにもようやくメッセージ取消し機能がつきうれしいですね。

ついつい手元でミスって間違った内容送ってしまうことって誰でもありますからね。笑

実装時にまた何かわかれば追記していきます。

その他最新版の機能として、LINEでクリスマスのデートの誘う場合は、「LINEのクリスマス隠し演出のやり方「クリスマス何してる?」と送ると・・・」の記事のやり方が既読スルーされずに確率が上がりそうですので参考にどうぞ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP