涌谷桜まつりの開花・見頃・ライトアップ!輓馬大会や屋台や駐車場も

 

今回は、私が好きでよく行く宮城県の「わくや桜まつり」のアクセス方法から楽しむポイントまで紹介します。

宮城のお花見スポットと言えば西公園や榴ヶ岡公園、白石の一目千本桜などが有名ですよね。

でも、まだまだ宮城には魅力的なお花見スポットがあることご存知ですか?

「東北輓馬(ばんば)競技大会」や「夜桜ライトアップ」など、お花見だけがメインじゃない「わくや桜まつり」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

わくや桜まつりとは?圧巻の夜桜ライトアップ!

まずは涌谷桜まつりが開催される「涌谷町」についてご紹介いたします。

「涌谷町」は、仙台の北側で、石巻市と大崎市の間にある遠田郡に位置します。

涌谷町は自然豊かで、仙台平野や栗駒山を一望できる箟岳山が町の中心にあります。

そして、昔は涌谷伊達家の城下町として栄えていたため、現在は涌谷伊達家の居舘跡に「城山公園資料館」として数々の文化財が収められています。

こちらの「城山公園資料館」はお城の形をしており、城山公園にはソメイヨシノ、しだれ桜、山桜、泰山府君(さとざくらの一品種)などが咲き、お城と桜を一緒に見ることができるスポットとして人気があり、とても風情があります。

涌谷町の桜の開花と夜桜ライトアップ

 

そしてここで、毎年4月10日前後に開花するため、4月中旬にかけて涌谷桜まつりが開催されます。

期間中は夜桜ライトアップがされているので、夜に訪れるのもおすすめです。

わくや桜まつりの見所は「東北輓馬(ばんば)競技大会」

冒頭でも少しお話したように涌谷桜まつりでは、ただ屋台が並びお花見するだけの場所じゃないです!

毎年4月の第3日曜日に桜まつりのメインイベントとして東北輓馬(ばんば)競技大会」が開催されます。

 

輓馬と言われてもピンっとくる方は少ないと思いますので、説明したいと思います。(笑)

輓馬大会は名前にもあるように馬が主役となる大会です。

馬は古くから人と深い関わりを持っており、城下町であり商業・流通の拠点であった涌谷町では運搬の手段として特に重要な役割を担っていました。

しかし、現在はその姿を見る機会はほとんど無いですよね。

そうした中、自馬の力を競うことを目的に開催されるのが輓馬大会です。

階級ごとに違う荷重を乗せたそりを引き、120mの直線コースで2ヶ所の障害を越えるタイムを競います。

満開の桜の下、大観衆は手に汗を握り、熱戦を繰り広げる馬たちを応援します。

私は何度か観戦しておりますが、特に、人馬一体となって障害を越える瞬間には、毎回大きな歓声と拍手が起こります。

競馬で見る競走馬とは違った力強さを見る事ができ、一言で表すなら「うぉぉぉ」という表現がしっくり来るほどの迫力があります。

私のように普段競馬をやらない方でも楽しめるし、子供にも喜んでもらえるイベントですので、ぜひ行ってみてくださいね。

このように、わくや桜まつりでは「お城・馬・桜」が一度に見られるので、普通のお花見に飽きてしまった方にはぴったりです。

スポンサーリンク

わくや桜まつりの屋台の出店情報!営業時間は?名物屋台は?

城山公園内仮説店舗は、4月7日(土)~4月29日(月)まで9時から21時まで営業しています。

フリーマーケット

こちらは屋台ではありませんが、輓馬大会と同日の4月15日の9時~14時の間に江合川右岸河川敷でフリーマーケットが開催されます。

掘り出し物がないか探してみてはいかがでしょうか。

涌谷互市(たがいち)

湧谷互市が、同日の4月15日に城山公園下特殊堤防沿いで行われます。

互市とは、自分達が生産した農産物や加工品を販売する市場を言い、地域の習慣として今でも残っています。

様々な商品が売られているので、ウィンドウショッピングしても楽しいですよ☆

アイムクレープ

アイムクレープは移動式販売車で県内を回っているクレープ屋さんです。

涌谷町の隣町の美里町出身の方が宮城県産の米粉を使って、もちもちで美味しい新感覚クレープを作ってくれますので、ぜひ一度食べてみてください。

わくや桜まつりのアクセス方法と混雑回避のおすすめ駐車場

 

涌谷町は県北に位置しており、電車やバスが仙台市内のように充実してはいませんので車で来られる方がほとんどです。

車をご利用の場合は、古川I.Cから国道108号線を石巻方面へ30分行くと着きます。

駐車場は基本無料で用意されていますが、会場に直近の河川敷の駐車場はすぐに満車になります。

そのため、少し会場まで歩きますが、下記の赤丸で示した「第1小学校」「涌谷町役場」「月将館小学校」駐車場がおすすめです。

引用:湧谷町HP

スポンサーリンク

涌谷町に来たら立ち寄ってほしい温泉などおすすめスポット

わくや万葉の里天平ろまん館

涌谷町は日本発の産金地で、東大寺大仏を完成へと導いたとされています。

そのため、天平ろまん館では砂金採り体験ができます。

そして、宮城県で唯一の「マンホールカード」を手に入れることができます!

開館時間は9:30~17:00で年中無休なのでぜひ足を運んでみてください。

天平ろまん館公式サイト

わくや天平の湯

日帰り美人温泉として有名で、こちらの源泉は美肌効果に大変優れているそうです。

週末になると地元の人たちで大変賑わっています。

そして、こちらの館内のショップでは涌谷町の特産品のおぼろ豆腐なども購入できるのでお土産にもおすすめです。

わくや天平の湯

花野果(はなやか)市場

こちらは涌谷町の隣の美里町になりますが、国道346号線沿いに位置しており、涌谷町含めた近郊で採れた新鮮な花・野菜・果物、
漬物などの加工品が多く販売されています。

また、「とんたろう」という精肉加工所が併設されており、ここで作られる「牛タンの燻製」は絶品です。

そして店舗内の「はなやか亭」というレストランのソフトクリームも濃厚で美味しいので食べてほしい逸品です!

宮城県涌谷町「わくや桜まつり」と「東北輓馬競技大会」まとめ

今回は涌谷桜まつりをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

桜を見る以外にも、「東北輓馬(ばんば)競技大会」など楽しめるポイントがいっぱいの涌谷桜まつり。

私のおすすめは昼の「東北輓馬(ばんば)競技大会」、夜の夜桜ライトアップです。

ぜひどちらの時間帯にも一度は足を運んでみてください。

また、宮城県には他にも大崎市の加護坊山の桜まつりもすごく素敵です。
行った感想やおすすめの屋台情報などを以下の記事にまとめたので参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】
加護坊山の桜まつりの開花と見頃!おすすめ屋台やアクセス・駐車場情報まとめ

では、また明日!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP