【進撃の巨人アニメ3期/Season3】10話(47話)の感想・考察・動画|ウーリの声優とケニーに涙

 

進撃の巨人のアニメ3期の第10話(47話)「友人」の感想、考察をネタバレありまとめました。

前回は、ヒストリアの人としての成長がみれ、大変かっこいい回でしたね。

自ら、父ロッドレイスにとどめを刺したヒストリアは住民や兵士たちの前で自分が真の壁の王であることを宣言したところで前回は終わりました。

命をかけて巨人から住人を守ったこともあり、住人からの支持を受けられる状態になりました。いっぽう瀕死のケニーは巨人化の注射器を片手にリヴァイと過去を振り返ります。

今回のタイトル「友人」とは、ケニーの友人であるレイス家のウーリとの関係のことを指しています!

もしも前回の名シーンを見逃してしまったって方は、現在見放題中の見逃し配信を利用して、無料で見てしまいましょう♪

見放題でオススメは私も利用している「U-NEXT」がおすすめです!

進撃の巨人3の前回までのアニメの見逃した部分を見る

それでは、ネタバレありの感想考察をご覧ください。

スポンサーリンク

進撃の巨人3期10話(47話)のアニメのあらすじ

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

<あらすじ>
ロッド巨人は倒され、自らとどめを刺したヒストリアは住民や兵士たちの前で自分が真の王であることを宣言する。その頃、礼拝堂の崩落現場から脱出したケニーは大量の血を流し、息も絶え絶えになりながら横たわっていた。ケニーの脳裏に浮かんでは消える自らの壮絶な生涯―。ふと気がつくと、目の前にはリヴァイが立っていた。ケニーは生きるための最後のあがきをするかのように、巨人化する薬品の入った注射器を取り出すのだった…

 

今回はケニーの過去の話が中心です。過去のケニーは、レイス家のウィリーと対峙し、アッカーマン家の迫害を解きました。

そこで地下街で隠れていた妹のところにいくも、幼きリヴァイを残したまま、妹はベッドで亡くなっていました。

死に損ないのリヴァイを見捨てることができなっかったケニーはリヴァイに地下街で生きる術を教え込むところまで面倒をみてリヴァイのもとを立ち去りました。

現実に戻ると、リヴァイがケニーに自分の母とケニーの関係、自分の元から立ち去った理由を聞きます。全てを悟ったケニーはリヴァイに注射器を託し、リヴァイの母親は妹であること、人の親にはなれないから幼きリヴァイの元から立ち去ったことを伝え、ケニーは息絶えました。

その後、事態は収束し、ヒストリアの女王の式のシーンとなり次回に続きます。

今回のクールは一気に終わりましたね。ここまで、ものすごく早かったです!

では、アニメをみた人の感想をまとめました。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】進撃の巨人Season3の47話「友人」の感想・評価・口コミまとめ

ウーリの声優は古川登志夫

 

 

 

 

ワンピースのエースの声優さんですね。

ウーリやケニーなど進撃の巨人3期の声優さんについては以下の記事も参考にしてみてください。

ケニーとウーリの友情

 

 

 

 

 

ヒストリアの正拳

 

 

スポンサーリンク

進撃の巨人アニメ3期47話の感想と見逃し配信動画

ケニーが人情深いところがあり、人気なキャラになる理由が分かるとってもいい回でしたね。

リヴァイやアッカーマン家の過去もあらわになり、とても大事で面白い回だったと思います。

次回から新章に入りますね!獣の巨人も出てくるのでとっても楽しみです♪

新章を見る前に、もし、見逃してしまった回がある人は、以下のリンクから簡単に視聴できますよ!

 

ここで一旦いい区切りなので、見逃したシーンやもう一度みたいシーンがある場合は、無料期間を上手に使って振り返りましょう!

また、その他進撃の巨人の動画をまとめた記事も以下より参考にどうぞ。

【あわせて読みたい】
進撃の巨人3期の無料動画全話まとめ!

次回のネタバレ感想は以下のページからどうぞ。

進撃の巨人アニメの48話のネタバレ感想まとめ

※本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況は各ホームページもしくはアプリをご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP