冷房の設定温度の適温は?赤ちゃん部屋のエアコンの当たる風に注意!

 

この記事では、赤ちゃんに使う「冷房の設定温度の適温は何度なのか?」「赤ちゃん部屋のエアコンの当たる風の向きの設定の仕方」など暑い夏を乗り切る方法を紹介します。

最近、暑い日が続きますね。あまりの暑さにぐでっとしてしまいます。

我が家の子供たちもあまりの暑さに、顔を真っ赤にして辛そうにしております。

そんなときにすぐに涼しい部屋に入りたくなりますよね。

今回は赤ちゃんのいるお家の、冷房事情・エアコンの使い方についてお話させていただきます!

スポンサーリンク

冷房の設定温度で赤ちゃんの適温は何度?

赤ちゃんと快適に夏を過ごすためのコツは、エアコンを上手につかうことです。

赤ちゃんの体に悪いのでは?と思われがちですが、それは1日中つけっぱなしにしているとNGということ!

では、赤ちゃんにとって冷房の適温とはいったい何度なんでしょうか?

夏、赤ちゃんが快適に過ごせる温度は26~28℃と言われております。

そして、湿度は60%以下と言われています。

冷房を利用するのであれば、外との気温の差が5℃以内にするとよいでしょう。

温度が26℃でも湿度が80%以上あると、ムシムシと不快に感じるようです。

冷房に抵抗があるという方は、エアコンの除湿機能を使って体感温度を下げるという技もありますよ!

ただ、気をつけていただきたいのは、赤ちゃんがいる場所とエアコンの設定温度が同じかというとそうではないのです

冷気というのは下にたまりやすく、赤ちゃんのいる場所では少し寒すぎるかもしれません。

そんな時はエアコンの設定温度をやや高めにするとよいでしょう。

それと、冷房から出てくる風についてです。

冷房から出てくる風が直に赤ちゃんに当たってしまうと、急激に体温を低下させる恐れがあります。

それは夏活躍する扇風機も一緒になります。

赤ちゃんに直接風が当たらないように気を付けてあげましょう。

暖房の適温については、「赤ちゃんに暖房はいつから使う?エアコンの風で乾燥したときの対処法」の記事を参考にどうぞ。

スポンサーリンク

エアコンが与える影響は?赤ちゃんに冷房を使うのはいつからいいの?

赤ちゃんは体温調節力がまだまだ未熟です。

だからといってエアコンを使ってはいけないということはありません。

ですので、以下にあげる注意点を考慮しながら、エアコンを使いましょう!

あまりに暑すぎると熱中症になる恐れもありますので、むしろエアコンで温度調節してあげることも重要です。

また、汗疹で体がかゆくなってしまいご機嫌斜めになってしまうこともあります。

ですが、いくら暑いからとはいえ、すぐに冷房をつけてしまうと体が冷えすぎてしまい、逆に体調を崩してしまう可能性もあるので注意は払いましょうね。

赤ちゃんの新陳代謝が非常にいいため大人の感覚で冷房をつけてはいけません。

もう一度いいますが、赤ちゃんの適温は26~28℃です。

気温が26℃を超えたら扇風機などを赤ちゃんに直接風が当たらないようにかけて様子を見ましょう。

赤ちゃんは体温調節が未熟なため、あまりに冷房が効いた部屋に慣れてしまうと外に出たとき、気温が暑いと体への負担が大きくなります。

冷房の設定も赤ちゃんの体調を一番に考慮し、室温と外気温のバランスをとるようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃん部屋の夏のエアコン事情!夜寝るときの冷房の当たる風向きに注意!

冷房の使いすぎによる赤ちゃんの脱水症状に注意

先にもお話した通り、赤ちゃんは体温調節がうまくできません。

そのため、暑すぎてもいけませんし寒すぎてもいけません。赤ちゃんがいるご家庭にとって難しいところですよね。

暑すぎると、脱水症状をおこしたり熱中症になってしまったり…

赤ちゃんの体調が悪くなることは親にとって切ないものです。

我が家はエアコンとは関係ないのですが、2番目の子が10か月になった時ノロウイルスになって入院したことがあります。

その際に、脱水症状をおこし大変な目にあいました。

小さな腕に点滴をつけ、固定され。何もわからない赤ちゃんには大変つらかったと思います。

見ている親も凄くつらかったのを覚えています。

赤ちゃんがつらい目に合わないためにも、十分に考慮してあげましょう。

赤ちゃんのためにも冷房の風向きに注意

冷房をつけるときは、風向きに十分注意をしてあげてください。

赤ちゃんに直接風が当たらないように設定し、冷えすぎてもいけないのでお腹にタオルケットなどかけてあげるとよいでしょう。

また、赤ちゃんの夏風邪の原因は、汗をかいたまま放置し、そのせいで体温が下がってしまうからなのです。

ですから、着替えはこまめにしてあげましょう。

赤ちゃんの部屋で夜寝るときエアコンの冷房をつけっぱなしはダメ

夜はエアコンをつけっぱなしで寝てしまうと、大人でも風邪をひいてしまうこともありますよね。

それは赤ちゃんも同じなのです。

熱帯夜が続き寝苦しくなっていく夏。赤ちゃんが快適に眠れるよう、タイマーをセットしてあげるようにしましょう。

就寝時はタイマーを2~3時間にセットし、一日中エアコンをつけっぱなしということがないようにしましょう。

赤ちゃんに布団をかけてもいつのまにか、布団が全然違うところに!!なんてことありませんか?

そうなってしまうと赤ちゃんの体温が下がりすぎてしまい、風邪をひいてしまうことも…。

そんな時はレッグウォーマーなど足元を温めるものを使い、冷えないように気をつけてあげてください。

 

冷房の設定温度や赤ちゃん部屋のエアコンの当たる風向きの注意点まとめ

これからどんどん熱くなっていく夏。

冷房をかけることによって心配も出てくることもあると思います。

ですが、赤ちゃんのためにも適正な温度で夏を快適に過ごすということも大事です。

しっかりと適正温度にし、赤ちゃんに考慮してあげることが大切なんではないでしょうか。

また、赤ちゃんがエアコンで脱水症状など風にならないようにするためのタイマー設定や風向きに注意しましょう。

今年の夏も大変暑くなります。

赤ちゃんだけではなく、見ているご両親も体調に気をつけて暑い夏を乗り切りましょう!

【あわせて読みたい】
赤ちゃん連れでプールはいつから?水遊び用おむつ等おすすめの持ち物

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP