コープの上手な使い方!生協とスーパーを賢く使い分けて節約するコツ

 

この記事では、コープ生協の賢いお得な使い方を紹介します。

コープの生協を利用したいけど、高くならないかな?
生協って毎週頼んだりめんどくさくないのかな?

なんて、使ってみないと様々な疑問があると思います。

コープは、自宅まで荷物を運んでくれるので重いものを購入したい時や、身体が不自由なお年寄りや日々忙しくてなかなかスーパーまで買い物に行く時間が取れない方に、とっても活用しやすく便利なサービスだと思います。

今回は、コープの上手な使い方や、節約になるコツなどをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

コープの利用料金は毎月いくらくらいかかる?

現在、コープを利用されている方たちの利用料金はどれくらいかかっているのでしょうか?

生協ごとによって、金額は異なりますし、時代や地域によっても多少の変動はありますので、一般的な生協の仕組みをご説明します。

多くの生協では、子育て世帯やご高齢の世帯などを対象として割引制度があります。

ほとんどの生協は、プラスで配達にかかる手数料がかかるみたいです。

この手数料が必要になるのは、生協の宅配を個人で利用する場合にかかります。
これを複数人でまとめて受け取るようにすると、この手数料は無料になるか格安になることが多いです。

宅配サービスの平均的な相場は個人宅配一回につき200円前後。

生協によって、配達そのものの手数料とカタログの代金が別になっていることもあれば、配達とカタログの代金を一緒にまとめて手数料と呼んでいる場合もあります。

また、生協を利用せずに注文しなかった週にも手数料がかかる団体もあればかからない団体もあります。

例えば、通常の手数料が100円の団体があり、その中にママ割りといって母子手帳発行の妊娠中の方~3歳未満のお子さまがいる世帯では手数料が0円になったり、こどもが成長して3歳以上~7歳未満のお子さまがいる世帯なども手数料は50円と大変安く利用できる団体もあります。

事前にそういった下調べをしておくのも節約につながりますね。

スポンサーリンク

コープの宅配とスーパーを賢く使い分けるメリット

コープとスーパーの違いはどのようなところでしょうか?

コープは家まで注文したものを宅配してくれます。

妊娠中で重いものを持つのが大変だったり、仕事が終わる時間が遅くスーパーに行ける時間が持てなかったり、小さいお子さんを連れてスーパーに行くのは大変だと感じていたり、そういったニーズの方にとってはメリットですね。

特に小さいお子さんと一緒にスーパーに買い物に行くと、実際に商品を手に取ることができるので、家にもお菓子がたくさんあるのに、その場で欲しいものをおねだりされたり、お買い物に飽きたお子さんにぐずられたりなんてこともあり、お母さんにとっては大変ですよね。

そもそも買い物に行かないことで、無駄なお金を使わなくなりますし、買い物に行く時間がなくなり、さまざまなことに時間を費やせるのが大きいですね。

もし、コープとスーパーを同時に利用するときには、注意点があります。

ープは注文してから一週間ほどで宅配してくれるサービスですので、スーパーに行くときにはコープで注文したものを覚えておく必要があります。

コープで注文したものを忘れていて、同じものを買ってしまうとお金の無駄になってしまいますし、冷蔵庫にも入りきらない可能性もあります。

それに賞味期限の短い、腐りやすいようなものもスーパーで安いからと思い、その場で購入してしまうとコープで届いたときに食材が増えすぎてしまい後悔してしまいます。

ただ、最近はWEB注文やアプリでの注文が一般的で、スマホがあれば注文履歴をどこでも簡単に確認できるので、心配する必要はそんなにないと思います。

コープで節約になる買い方のコツとは?

一見コープと聞くと、スーパーより割高だけど、家まで持ってきてくれる分便利といったイメージがあります。

確かに仕事帰りのくたくたの身体で、スーパーまでわざわざ足を運ばなくても、コープはカタログをゆっくりとみて検討して買えるので、楽です。

ただ、野菜の状態があまりよくなかったり、その割に高かったりいちいち家の中に届いた荷物をしまうのが面倒だったり、そんな問題もあります。

そんなコープも、利用の仕方を少し工夫するだけで、節約の味方になるのです。

まずは、毎回の買い物の金額設定をしておくことが大切です。

コープは取扱商品が多いのも魅力的ですよね。

生協限定のお菓子とかついつい買ってしまいます。

それを繰り返してしまうとやはり金額はかさんでしまいますね。

なので、一回のお買い物金額を3000円までに設定するなどすると、3000円の中で考えてやりくりできるようになるので、無駄な買い物も防げます。

コープで買い物するときはカタログを見比べたり、チラシを見たり値段を見比べて、スーパーよりも安い商品を日ごろから意識してチェックすることが大切です。

生協とスーパーを賢く使い分けて節約するコツまとめ

今回はコープとスーパーのそれぞれのメリットや、上手なコープの利用方法などをご紹介させていただきました。

ついついコープでお金を使いすぎてしまうという方は、一回のお買い物で使う金額をあらかじめ設定しておくことが重要となります。

コープは家まで注文したものを宅配してくれるので、身体が不自由な方や買い物になかなかいけない方にとってはかなり利用しやすいサービスですね。

コープをお得に賢く使って節約上手になってくださいね。

【あわせて読みたい】
パルシステムとコープデリのサービスと使い方比較!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP