サンタクロースはどこに住んでるの?サンタの出身や年齢など正体とは

 

この記事では、サンタの出身や年齢など、気になる疑問について解説します!

子供は、クリスマスの時期になると子どもたちは親御さんにサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるからいい子にしてなさい。早く寝なさい。なんて言われてそわそわする頃ですね!

小さいこどもから大人までみんなに愛されるサンタクロースですが、そんなサンタクロースやトナカイの存在は知っていても、出身地や年齢など、細かいところまでなかなか知る機会がなかったりしませんか?

実際にこどもからサンタクロースって今どこにいるの?何歳なの?本当にいるの?なんて質問ぜめにあって困った記憶のある親御さんも多いかとは思います。

こどもの純粋な質問にも夢が広がるような返事をしたいものですよね。

そんな悩める大人の方々に向けて、今回はサンタクロースは普段どこに住んでいるのか、どこで生まれたのか、今は一体何歳なのか、気になるけど知る機会のあまりないサンタクロースの正体について、ご紹介させていただこうと思います。

スポンサーリンク

サンタクロースの由来

まず、サンタクロースの由来についてですが、サンタクロースのモデルは、4世紀頃、現在のトルコのミュラという古代都市に実在した「聖ニコラス」という方です。

聖ニコラスは、貧しいこどもたちや困っている人の手助けを率先として行っていたという言い伝えがあり、その中の1つが現代のサンタクロースの由来です。

聖ニコラスの近所に住む貧しい家で育った三人の娘たちは、その貧しさから永遠を誓った男性と結婚することは許されず、売り飛ばされるしか道はありませんでした。

そんな娘たちをふびんに思った聖ニコラスは、娘たちのために煙突に金貨を投げ入れて、娘たちの身を守ろうとしたのです。

聖ニコラスの投げた金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下に入りました。

そして、二人目、三人目の娘の結婚式の時にも、同じように煙突から金貨を投げ入れ、金貨は靴下に入りました。

そして、聖ニコラスのおかげで三人の娘たちは幸せに生活を送ることができました。

それが、サンタクロースの由来です。

クリスマスに、靴下を飾り、その中にプレゼントを入れる由来はここからきてるんですね。

スポンサーリンク

サンタクロースはどこに住んでるの?出身や国籍は?

サンタクロースの出身地、あるいは今いる場所(現住所)につきましては、世界のサンタクロース学では現在2つの派に分かれています。

1つはグリーンランドで、もうひとつはフィンランドのラップランド地方です。

それ以外の国の多くが加盟しているグリーンランド国際サンタクロース協会では、グリーンランドを支持しているようです。

サンタクロースの住んでいる場所については、それぞれの解釈や説明がなされているようで、代表的なものとしては、フィンランド、グリーンランド、スウェーデン、アメリカの北部、カナダなどの寒い地域、それぞれの国で定着している説が世界的にも広く知られているそうです。

代表的なサンタクロースのイメージは、確かにトナカイが引くソリに乗っている姿のイメージですよね!

オーストラリアなどの一部地域では、サーフィンに乗るサンタクロースなどユニークなものもあります。

サンタクロースの村とは

サンタクロース村というのをご存知でしょうか?

フィンランド北部にはサンタクロースたちが暮らす村があります。

一面雪に覆われた銀世界に、童話で見るような大きなもみの木、のんびり暮らすトナカイ。

小さい頃に、童話や絵本で見たクリスマスの光景が現実にあるのがサンタクロース村なのです。

サンタクロースからの手紙を受け取れるサービスもあり、サンタクロース村の公式サイトにのっているので見てみてください。

サンタクロースの年齢

サンタクロースの年齢については、様々諸説があります。

サンタさんの見た目的には、白いおヒゲを生やした優しそうなおじいさんといった感じですが、一体何歳なのでしょうか?

あるところでは、500歳と言われていたり、色々と諸説はあるようなのですが、毎年サンタクロースの追跡調査を実施している「北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)」の追跡調査では、サンタクロースの年齢が1600歳を超えているとか…!?

サンタクロースの正体まとめ

サンタクロースは主に一年中雪が積もるような寒い地域に住んでいるんですね。

トナカイがひくソリに乗って遠い遠い場所から、子どもたちが寝ている間に私たちの下までプレゼントを運んでくれていたんですね。

今回は身近なようで、意外と謎が多いミステリアスなサンタさんについての記事を書かせていただきました。

けれども、知らなければよかったような、知らなくてもいいことまで知るよりかは、少し謎に包まれるくらいの方がいいのかなと思います。

私は生まれて一度もサンタクロースに会ったことはないですが、サンタさんはかならず存在すると信じています。

街にジングルベルが流れだし、商業施設にはクリスマスツリーが飾られ、街はクリスマス一色になってきました。

子どもから大人までみんな大好きなサンタクロース。

サンタクロースは、信じる人の元にやってきます。良いクリスマスを!

【あわせて読みたい】
サンタクロースは煙突がないのにどこから入ってくるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP