飛行機の座席での化粧とメイク直し!国内線も国際線もすっぴん搭乗

 

この記事では、飛行機内での化粧やメイク直しの方法をまとめました。

飛行機に乗る時間が8時間や9時間と長くなると、メイクをしたままの状態でいるのか、潔くメイクを落としてすっぴんのままでいるのか悩みますよね。

そんな時は、機内でもメイク落としする方法と簡単にできるメイクのちょっとしたコツをしっておくと便利です。

そこで、今回は飛行機の座席で効率の良い化粧方法とメイク直しの方法について紹介します。

スポンサーリンク

飛行機はメイクしたまま寝る?

一人で飛行機に乗るのであれば、すっぴんのまま搭乗したり自由にメイクをしたり、メイクを落とす時間は作れるかもしれません。

しかし、人数が多いグループや男性の同行者がいるときは、余計に待ってもらうのも申し訳なくなりますよね。

私も飛行機で彼氏と旅行に行ったときに、長時間飛行機に乗ることはわかっていましたが当日はメイクしたままの状態で飛行機に乗り、寝る前にメイク落とし用のシートでふき取って、軽くスキンケアをしてからマスクをした状態で寝ていました。

メイクは飛行機を降りた後のトイレで急いですませましたが、やはり彼氏には待ってもらうことになってしまったので、こちらとしてもすごくせわしなかったですし、彼にとっても申し訳ない気持ちになりました。

できればメイクも飛行機の中でサッと手早く済ませてしまいたいですよね。

また、女性ならついついやってしまうのが、メイクをしたまま寝てしまうということです。

私も今まで何十回と経験があります。

メイクしたまま寝てしまうとどうなってしまうのでしょうか?

すでにご存じの方も多いとは思いますがメイクを落とさずに寝てしまうと、肌にとても悪いです。

クレンジングや洗顔を行わないまま寝てしまうと、顔に付着している様々なほこり、メイクアップ料、古い角質、排気ガス、微生物、汗などを顔につけたままの状態でいるということになります。

時間が経てば経つほどもちろん肌にも悪いことばかりですので、どうしても顔を洗えない場合にはクレンジングシートや洗顔シートでサッと顔の汚れをまずふき取ることが大切です。

メイクを落とさずに寝てしまった次の日は必ず吹き出物ができてしまうので、よほど肌にとって悪いということですね。

スポンサーリンク

飛行機での座席でメイク落としする方法

飛行機の座席でメイクを落とす場合は、もちろん水は使えませんのでふき取るタイプのクレンジングシートがおすすめです。

それでメイクを丁寧にきれいにふき取ってから、洗顔シートやオールインワンコスメで素早くスキンケアしてしまいましょう。

ふき取りシートを使用する場合には、強くこすってしまうと摩擦が生じてしまいます。

ゴシゴシと強く肌をこすってしまうと、摩擦の刺激によってお肌のくすみの原因になったり、シミにつながる可能性にもなるので、必ず優しくなでるようにしましょう。

クレンジングシートでは簡単にメイクを落とせますが、どんなに優しくふいても摩擦はどうしても起こっているので、肌にはあまりよくありませんので、毎日使用するのは控えましょう。

あと飛行機内はかなり乾燥しているので、マスクを着用するのもおすすめです。

マスクをすることで加湿の役割にもなりますし、すっぴんを隠すこともできるので一石二鳥ですね!

飛行機ですっぴんの場合に座席で化粧を簡単にする方法

飛行機内の座席でメイクする場合は、できるだけ簡単に手早くすませたいですよね。

普段ならゆっくりと鏡に向かって丁寧に行えますが、飛行機内のせまい座席ではいつものようにメイクを行うのはなかなか難しいです。

手早くメイクを済ませるためには、自分の顔を知ることと時短できるアイテムが必要不可欠になります。

まず、下地・ファンデーション・UV効果などがひとつになっているBBクリームやCCクリームなどを使うと、荷物も少なく済みますし、ファンデーションやお粉を省くことができますので、その分ベースメイクを早く終わらせることができます。

あとのポイントメイクなどで重要になる眉毛、アイメイク、チーク、リップなどありますが、その中でも省けそうなものは省いていくことが時短につながります。

例えば、元々顔の血色が良い方はチークを省略できますし、アイシャドウをはっきりと乗せることでアイラインを省略できたりします。

自分が本当に必要なところだけメイクをするのもいいですし、最近ではまつ毛のエクステを行ってくれるお店やドラッグストアなどでも眉のティントなど便利なアイテムも販売されています。

予定に合わせてそういったものを利用し、事前準備として行うこともできますので、そういった用意をあらかじめしておいてもいいかもしれませんね。

飛行機での臭い化粧品はマナー違反!?空港のトイレでメイクすべきもの

飛行機内で化粧しない方がいい物もあります。

それは、臭いの強い化粧品を使う場合です。

臭いが強い化粧品を使うと、周りの座席の人に迷惑となってしまうので、空港を降りたトイレで、それだけサッとして化粧を完了させましょう。

飛行機の座席での化粧とメイク直しまとめ

今回は飛行機内でメイクを落とすにはどうするか、簡単に化粧するにはどうしたらいいのかご紹介させていただきました。

簡単に手早くメイクやクレンジングを行うには、やはり時短アイテムをうまく活用したり自分の顔の特徴を知ることが大切かと思います。

記事を参考に自分なりの時短を工夫してみてください。

【あわせて読みたい】
化粧水の費用を半分の値段に抑える簡単にできる方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP