柏餅の葉っぱと餅の保存方法は常温?冷蔵庫?冷凍?賞味期限はいつ?

 

この記事では、柏餅の保存方法をまとめました。

5月5日は端午の節句(こどもの日)ですね。

その日に欠かせないおやつと言えば柏餅です。

カシワの葉の爽やかな香りのついたお餅に甘いあんこが入って美味しいですよね。何個でも食べられそうです。

そんな柏餅、家庭で作った場合やお店で買ってきた場合などで手に入れた場合には、どれぐらい日持ちするのか皆さんご存知ですか?

今回は柏餅の賞味期限や保存方法についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

柏餅の賞味期限

外で購入してきた柏餅には、

賞味期限が記載されていていつまでに食べればいいのか一目でわかるので安心できますが、ご家庭で作った場合やいただいたものには賞味期限が記載されていないため、いつまでに食べればいいのかわからない状態だと不安ですよね。

食べずに忘れていると気づいたらカビだらけ・・・なんてことになってもショックです。

本来カシワの葉には殺菌作用があるため、冬場の涼しい室内の常温で保存していても2~3日は日持ちします。(室温が高すぎる夏場や湿度が高い場所で保存すると傷みが早くなるので気を付けてください)

ただし日持ちするといっても、翌日にはお餅が固くなってしまっていたり、お餅の中の餡がべとべとになっていたりしてしまうことを考えると、おいしく食べれるのは当然ではありますが出来立てやその日のうちに食べるのが一番ですね。

あまりにも作りすぎてしまったなど、当日では食べきれない場合の保存方法を次に紹介します。

スポンサーリンク

柏餅の葉っぱの保存方法

ご家庭で柏餅を作る際に重要となるのは葉ですよね。

こちらの葉ってお餅を作った分しか使用することはないと思います。

柏餅の葉の保存方法は誤ってしまうと変色してしまったりダメになってしまうことがあるので注意が必要です。

ここで、冷凍庫にいれてしまうと葉っぱの水分が抜けてバラバラに避けてしまいます。

なので、カシワの葉をなるべく変色餅ずに保存を考えるのであれば、真空の状態にしてから冷蔵庫で保存するのがいいでしょう。

柏餅の餅の保存方法

どうしても当日中に食べきることができず余ってしまった柏餅は、冷蔵庫で保存する方法と、冷凍庫で保存する方法があります。

まず「冷蔵庫」で保存する場合は、お餅を一つずつラップで包み、空気が入らないようにします。

それでもお餅の皮が多少カチカチになってしまったときは、そのまま食べてもおいしくないので、食べる際に少しだけ電子レンジで温めてから食べるともちもち感が復活して美味しくなります。

和菓子全般に言えることですが、基本的に冷蔵保存するとカチカチになったりパサパサになったりして風味がガクッと落ちてしまいます。

これらの原因は、和菓子にはでんぷんが多く含まれており、冷やして保存することによってでんぷんの硬化が始まってしまいます。

和菓子を冷蔵保存しないのはこのためです。

長期保存に向いているのは冷凍保存です。

柏餅の冷蔵庫での保存方法

「冷凍庫」で保存する場合は、できるだけ早めに冷凍することが大切です。

なぜならそのほうが風味も旨味も閉じ込めたままの状態で冷凍することが可能だからです。

柏餅の冷凍

での保存方法

冷凍方法ですが、手順は三つです。

まず一つ目は、一個ずつラップで包む。(この時空気が入らないようにピッタリと包みましょう)

二つ目はラップで包んだお餅をジップロックなどの冷凍用ビニールに入れます。この時もなるべくすべての空気を抜きます。

三つめは冷凍庫に入れる。これだけで完了です。

なお、冷凍庫で保存する場合には、解凍の仕方にもポイントがあります。

食べる際に食べる分だけ取り出し、常温で解凍しましょう。ゆっくり次官をかけるのがおいしく食べるコツです。

冷凍した柏餅の賞味期限はおよそ6か月です。

結構長い期間保存することが可能になるので、ジップロックなどに賞味期限を記載しておくとわかりやすくていいかもしれませんね。

柏餅の賞味期限切れは腐るとどうなる?食べる前の見分け方とは

柏餅を大量に手に入れたとき、気になるのはいつまで食べることができるのか。

腐らせてしまうとどうなるのかご紹介させていただきます。

まず、柏餅が腐っているかどうかの判断ですが、見た目はカビが生えていたり、糸を引いていたり、溶けてきているようだったら状態が悪くなっています。

それとともに、異臭がしていること、味が酸っぱくなっていたり、苦味がある際には状態が悪くなっているといえます。

賞味期限が切れた直後は風味が落ちる可能性がありますが、食べること自体は可能です。

消費期限が切れた後は食べないほうが無難でしょう。

柏餅の保存方法と賞味期限まとめ

柏餅の常温での賞味期限は当日中で、消費期限は2~3日ほどです。

冷蔵庫で保存した場合には、賞味期限は2~3日保存が可能です。

冷凍庫で保存した場合にはおよそ6か月の保存が可能になります。どうしても保存する際には冷凍庫で保存したほうが品質も美味しさも保てます。

柏餅の賞味期限が切れたあとや柏餅が腐った場合はまず餅にカビが生えたり、異臭がすることがあります。そうなった場合には食べることはやめておいたほうがいいでしょう。

今回は柏餅に関する記事をご紹介させていただきました。

端午の節句には欠かせない柏餅を正しく保存して美味しくいただきましょう。

【あわせて読みたい】
柏餅の葉っぱは普通、葉っぱごと食べる?食べない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP