関東で家族連れが多い海!子連れにおすすめのマリンスポーツの種類

 

この夏に、家族でマリンスポーツを楽しみたいと思っている方向けに、家族で楽しめる関東の人気ビーチについて調べてみました。

「家族で海に行きたいけど、安全なビーチはない?」

「子どもとマリンスポーツを楽しみたいな~」

ってことありますよね。

子どもと家族で海へ行く場合には、「海の家がある」、「遠浅で波が穏やか」、「ライフガードが在中」などがあります。

そんな条件のあった海で、子どもとマリンスポーツを楽しむ方法を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

マリンスポーツを楽しめる家族連れが多い海

逗子海岸でマリンスポーツ

「ファミリービーチ逗子」と銘打っているだけあり、遠浅で波が静かなファミリービーチである逗子海岸。

子ども用ライフジャケットの無料貸出有があったり、監視所、救護所ももちろん完備されています。

小学生くらいの子どもとサーフィンなどするにはもってこいの波だと思います。

海の家も多数ありますが、ルールがキチンと決められていて浜辺でのバーベキューや入れ墨やタトゥーの露出は禁止、スピーカーを使用して大音量での音楽や声を流すことを禁止されています。

大人達は過ごしにくいのですが、その分子どもたちと一緒にたくさん遊べた方がいいかなと思います。

JR横須賀線と京浜急行線が通っているし高速道路も通っているので、アクセスも便利です。

材木座海岸でマリンスポーツ

鎌倉にある、材木座海岸はマリンスポーツも十分に楽しめます。

ここは、事故が発生しないようにと、海水浴のお客さんとマリンスポーツをするお客さんとで棲み分けが出来ている海水浴場です。

サーフィンやウィンドサーフィン、スタンドアップパドルボードなどが楽しめます。

大洗サンビーチはバリアフリーのビーチ

茨城県にある大洗サンビーチもおススメです。

大洗サンビーチはユニバーサルビーチになっていて、バリアフリーのビーチです。

お年寄りやお子さん、障害のある方が安全に自由に過ごせるように工夫されています。

若者以外にも楽しめるビーチだし、マリンスポーツも盛んです。

片瀬海岸東浜と西浜でマリンスポーツ

片瀬海岸東浜と西浜は、年間を通じてマリンスポーツを楽しむ人で賑っています。

日本屈指のリゾート海岸であり、7月1日から8月31日まで海水浴場が開設されます。

海の家もきちんと整備され、多くの家族連れや若者で賑います。

海は遠浅で広い砂浜があり、子ども達が自然と触れ合える海水浴場です。

スポンサーリンク

家族でできるマリンスポーツの種類!趣味にもできるおすすめは?

定番のマリンスポーツと言えば、真っ先に思い浮かぶのが「サーフィン」ですね。

今でも変わらず、人気があるマリンスポーツです。

「ウィンドサーフィン」もとても人気がありますね。

ヨットのようなセイルを操って風を切って海の上を進むスポーツです。

少し練習が必要となりますが、コツをつかんでしまえば風に乗って高く飛べるようになります。

私の友人は、かなりハマってしまっていて都合と天気が合えば毎週末海に繰り出しています。笑

ボディボードは浅瀬で遊べるのと、腹ばいでボードに乗るのでバランスも取りやすく、思い切り波に乗って遊べるので泳ぎに自信が無くても、安心して楽しむことができます。

浅瀬なのですが、スピード感や疾走感や技を決めたときの達成感が味わえます。

ボードはレンタルもでき、全部揃えてもお手頃なお値段で、軽量で持ち運びも便利です。

実は、あまり泳ぎが得意でない私は、ボディボード専門で遊んでいます。

そんな私でも、浪に乗れた時は物凄い達成感を感じることが出来てとても楽しいです。

ですので、小学生の子供でもボディーボードは楽しめると思います。

その他、最近人気なのが、「スタンドアップパドルボート」なんかも人気です。

スタンドアップパドルボートとは、スーフィンのボードに立って乗り、パドルで漕ぐマリンスポーツです。

子どもと一緒にボードに乗って、ゆっくりと海上を進んでいると時間を忘れてしまいそうですね。

ボードの上に立つのなんて難しそうと思いますが、サーフボードと比べると浮力が高いので安定性があり乗るのは簡単で初心者にも最適だそうです。

船でボートを引っ張るおすすめのマリンスポーツ3選

代表格は、やはりバナナボートではないですよね。

たぶん、一度はやったことがあるという人が一番多いと思います。

私も乗ってみたことがあるのですが、結構迫力があって振り落とされないように、しっかり捕まっているのが大変でした。

ウェイクボードは、船でサーフボードを引っ張り、船の作る波を乗り超えていくマリンスポーツです。

スピード感、疾走感が何とも言えない楽しさを味わわせてくれます。

いろいろな技があるので、チャレンジするのも楽しみの一つです。

他にも、船でボードを引っ張るマリンスポーツとしては、「サブウィング」というものがあります。

 

ロープにつながっているボードに捕まり、バナナボートやウェイクボードのように水上を引っ張ってもらうのではなく、水中を引っ張ってもらうマリンスポーツです。

お魚になったような感覚になれて、かなり楽しいスポーツです。

波に乗る必要がないので、お子様にもオススメです。

スポンサーリンク

関東の家族連れが多い海とマリンスポーツまとめ

家族で海に行く場合には、やはり海の家がきっちとした管理下で運営されているところがおすすめです。

マリンスポーツを楽しむ場合でも、施設が整った場所の方がもしもの時にも安心なのでおススメですね。

なるべくなら、遠浅で波が穏やかな海を選ぶようにしましょう。

ライフガードさんが常駐しているかどうかも大事なポイントです。

子どもを連れて行く場合には安心して遊ばせることが出来ますね。

岩場の方が、海の水は綺麗かもしれませんが思わぬケガをしてしまうこともありますので、砂浜の方が子ども連れには、おススメです。

今年は家族で楽しい海の思い出をたくさん作れるといいですね。

【あわせて読みたい】
潮干狩り成功の秘訣は道具次第?子供連れにおすすめしたい持ち物

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP