引っ越しの荷造りを一晩(徹夜)で終わらす方法とやる気を出す方法

 

この記事では、引っ越しの荷造りを一晩で終わらす方法をまとめました。

「明日引っ越しなのに終わらない…」
「引っ越しの荷造りを一晩でやらないと…徹夜だ」

なんて、焦っている人も多いですよね。

さて今回はそんな引っ越し準備が終わらない人必見、荷造りを一晩で終わらす方法とやる気を出す方法を紹介します!

スポンサーリンク

引っ越しの準備が終わらないとどうなる?

春、就職が決まったり大学が決まったりと転居する方も多い季節です。

転居先も決まった事だし、次は引っ越し準備だ!と意気込んだものの気付くと明日が引越し日!?何の片付けも終わっていなくて焦った方は多いのですよね。

仕事やプライベートが忙しく、ついつい引っ越し準備を後回しにしてギリギリになってしまった事はないですか?

もしも、引っ越しの準備が終わらないとどうなるのでしょうか?

まず賃貸の場合は、引っ越しする場合は月末までの1ヶ月分の家賃、または退居日までの日割り計算で家賃を支払います。

この時、予定していた退去日に間に合わない場合は、また1ヶ月分の追加家賃や日割り計算の退去に遅れた数日分を支払わなくてはいけません。

さらに、ガスや電気の停止等、日時指定しているものは業者に一度連絡し、変更してもらわないといけないのでとても迷惑がかかってしまいます。

次に一軒家、賃貸でも引っ越し業者にお願いせず荷物を運ぶ場合は自分のペースで良いですが、業者に引っ越しをお願いしている場合、荷造りを終わらせていないとこちらもとても迷惑がかかります。

引越し業者と依頼人は、標準引越運送約款に基づいて契約を結んでいる為、引っ越し当日までにきちんと依頼人が荷造りを行っている事が義務付けられています。

この事から荷造りが終わっていないという事は、契約違反をしたという事になりますね。

引越し業者によっては荷造りを待ってくれたり、追加料金はかかりますが料金を支払うことで一緒に荷造りをしてくれるといったサービスもあります。

しかし、最悪の場合、引っ越し作業を拒否して帰ってしまうことも実際にあるそうです。

そうなってしまった場合は、引っ越し料金の払い戻しは基本的にないのでじゅうぶん注意しましょう。

業者さんに大きな迷惑がかかってしまうので、なるべく荷造り作業は早めに終わらせておきましょう。

ですから、荷造りが終わるか心配な時は、前もって引っ越し業者に追加料金を支払い、一緒に荷造りをしてもらうサービスを利用しましょう。

スポンサーリンク

引っ越しの荷造りを一晩やる方法

もしも、前日まで引っ越しの荷造りが出来ていなく、当日に間に合わせるにはどうしたら良いのでしょう?

それはズバリ、徹夜覚悟で荷造りする事です!笑

もしくは料金を支払い業者に頼む、または友人や家族にお願いして手伝ってもらうのも良いかもしれません。

しかし一人で全て荷造りを終わらせる予定であれば、徹夜覚悟…という事になります。

一晩で荷造りを終わらせるコツは効率よく荷造りすること。

荷物が少ない場合はすぐに荷造りは終わりますが、荷物が多いとなかなか進みません。

そこでメモ用紙等にまずどこから荷造りをして、最後にどこを荷造りするかを考えてから荷造りを開始すると、無駄な作業をしなくて済むので、引っ越し作業が早く終わります。

例えば引っ越し当日に必要な物は着替えですよね、女性であればお化粧品用具も必須。

また当日に印鑑が必要な場合もあるので、当日どこに閉まったか忘れてしまわないように、当日必要な物はひとまず避けておきましょう。

さて、必要な物を確保した後は荷造りスタート!

引っ越しの荷造りのコツとして、ダンボール数個ずつ部分わけで荷造りすると早く進みます。

例えば、

トイレの物を全て梱包→次に洗面台→キッチン→衣類→靴→寝室→その他

など、1箇所1箇所梱包して、順番に終わらせていきましょう。

そして荷造りする際の注意点はよそ見をしてしまったり、手が止まってしまう事。

クローゼットから懐かしい思い出のアルバムや、お気に入りの洋服等出てきた時に思い出に浸ってしまうと、とてもタイムロスになってしまいます。

テキパキ機械的に梱包する事を心がけましょう。

引っ越し当日までに時間があれば、必要な物とそうでない物の仕分けも出来ますが、引っ越し前日にはそんな事をしている余裕はありません。

残念ですが引っ越し後、荷物を開ける際に断捨離に取り掛かるようにしましょう。

また梱包するダンボール等に何でも詰め込んでしまうと、いざ開ける時にどこに何を閉まったか忘れてしまうので、ダンボールに中身に何を入れたかを書いておくことが大切です。

割れ物や取り扱い注意などきちんと書いておかないと、後から残念な事になってしまうケースも…。

引っ越しの荷造りのやる気を出す方法

荷造りはとっても地味な作業でもあります。

飽きてしまったり、急がなければいけないと思っていてもつい休憩してしまったりとよそ見しがち。

そんな時は、好きな音楽を聴きながら引っ越しの荷造りを進めるのがやる気が出てオススメ!

例えばこの1曲が終わるまでに服を全て梱包する、サビまでにダンボールを組み立てる…など自分の中で小さな目標を立てながら淡々と進めていくとスムーズに進みます。

NGなのはテレビを付けたり友人と電話してしまったりする事です。

私の経験上、気が取られて気付いたら数時間経っていた!なんて事もあるので注意して下さいね。 

引っ越し準備が終わらない!荷造りを一晩で終わらす方法まとめ

引っ越し前日だけは他の物に気を取られず無心で一晩で荷造りを終わらし、当日はバタバタすること無く業者にお願いして新しい新生活をスタートさせて下さいね。

間に合わなかったでは、いろいろ予定をキャンセルしなくてはならないので、とっても面倒ですので、注意しましょう。

徹夜でやる場合には、以下で前日までにやっておくことと、引っ越し当日にすべきことをまとめてあるので、参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】
引っ越し前日までに終わらしておくことと当日でも準備できること

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP