1度で虜?北海道のバイクツーリングが初心者一人旅におすすめな理由

 

この記事では、北海道をバイクでツーリングするのに憧れを抱いている人向けに、初心者でも楽しめるポイントを解説します。

これからの季節、バイクツーリングが楽しい時期になってきました。

北海道のツーリングのベストシーズンは7月、8月、9月です。

バイク免許を取り立てで、「さぁツーリングに行こう!」と思っても、どこがいいのかイマイチ分からないという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、バイクの聖地といわれている北海道の大地でのツーリングする際のポイントについて、ご紹介させて頂きます!

スポンサーリンク

北海道をバイクでツーリングするのにおすすめの時期

北海道といえば、「雪」ですよね。

住んでみると分かりますが、10月の後半くらいから雪が降り始め、翌年の5月くらいまで雪が残っていたりします。

そんな北海道でツーリングなんて滑って危ないんじゃないの?と思う方も少なからず多いのではないかと思います。

しかし、実はバイクの聖地ともいわれる北海道。

そんな北海道のツーリングのベストシーズンはいつなのでしょうか。

北海道ツーリングのおすすめ時期!ベストシーズンは7月、8月、9月

あまり知られていないかもしれませんが、北海道の夏は暑いというより、涼しいです。

5月~6月は蝦夷梅雨(えぞつゆ)と呼ばれる北海道特有の時期があります。

蝦夷梅雨とは、【雨や曇りの日が続き、晴れても雨になる】時期のことを言います。

本州で言うところの、にわか雨だと思ってください。

これが2週間ほど定期的に起こるため、この時期を蝦夷梅雨と呼ぶそうです。

梅雨とはいうものの、本州の梅雨とは全く別物で、蒸し暑くなく比較的すごしやすい雨の日ですね。

通常の梅雨と違いジメジメとした感じではないので、肌寒く感じる事もあるくらいです。

そのため、北海道をツーリングする場合は、6月の蝦夷梅雨が過ぎた後の7月、8月、9月がベストシーズンです。

6月下旬頃から咲きはじめ、7月にはラベンダーが満開でとても綺麗な時期になります。

オススメは富良野・美瑛のラベンダーで一面に咲いているので、見ものですよ!

ただし、真夏と言われる時期でも北海道の夜はとても冷え込みます。

日中は25℃をこえる事も多いですが、夜は日中に比べ10℃程下がります。

なので、夏でも十分な防寒対策は必要ですね。

スポンサーリンク

北海道のバイクツーリングで初心者一人旅にもおすすめのコースとは

割と1人で楽しいの?と思われがちの一人旅ツーリングですがこれがなかなか楽しかったりするんです。

理由としては、行く所行く所でいろんな人に出会えるから!

1人ツーリングでも集団ツーリングでもバイカーの人って割と気さくな方が多いんですよね。

私も、原付ではありますが、真っ赤なJazzで走っていてコンビニで休憩をしている時に、40代程の男性の方から声をかけられ「いまどきJazzなんて珍しいね!昔はおれもモンキーに乗っていたよ!」と言われたのを覚えています。

そこから色々とバイクの話になったり、ここの風景が綺麗だよ!とか隠れた名店を教えてくれて、1人で居ながら1人じゃない感じだったのを覚えています。

北海道のいい所はなんたって海に囲まれている所ですよね!

海を見ながら走るのはとても気持ちいいです!

よく峠を走り抜ける!とかはあると思いますが、海は海のある所でしか走れないですからね。

北海道はとても広く、以下の4つのエリアから成り立っています。

道南
道北
道央
道東

先でご紹介した富良野・美瑛は道央にあります。

基本的に、どこに行っても楽しめますが、オススメはやっぱりオロロンラインです。

オロロンラインは小樽市から椎内市までの国道231号線と国道232号線・道道106号線と続く日本海沿いの道です。

海沿いをひたすら走るので、海を見ながらゆっくり走りたい人にもオススメです。

街中とかだと信号があってなかなかずっと走り続けるというのが難しいですが、オロロンラインは信号のない道がずっと続くので、気持ちよく走れます。

オロロンラインから見る夕日も絶景ですので、夕日を見ながら走ってもいいですね。

オロロンラインを行くのならば、宗谷岬(そうやみさき)にも足を伸ばすといいですね♪

宗谷岬は日本最北端の地とされており、椎内フットパスというウォーキングを楽しむ場所もあります。

車や電車などが発達した中、なかなか歩く事も少なくなってきたのではないでしょうか。

椎内フットパスは豊かな自然と美しい景観に恵まれたエリアとなっています。

4種類のコースが用意されており、距離や時間に合わせて楽しむ事が出来るので、その日のツーリング予定等に合わせて歩いてみてもいいですね。

ツーリングをやりつつ、北海道の景色や北の海の幸を楽しむ事も出来ます。

椎内フットパス

スポンサーリンク

北海道ツーリングの持ち物は最小限に!必要な装備はコレ!

この記事を読んでいる方の中でも、遠方から北海道ツーリングに行こうと考えている方も多いのではないでしょうか?

やっぱり荷物が多いとかさばりますよね。

なんたって荷物が多いとその分バイクへの負荷もかかり、燃費も悪くなり、スピードも出ません。

なので、どれぐらい滞在するのか、どこに行くのか、どの時期に行くのかで持っていく荷物が変わるので荷物を最小限に抑えるために出発前に整理してから行きましょう!

ここではどの時期でも必ず必要になってくる荷物を紹介します。

北海道バイクツーリングで事前に準備していく荷物「ライディングジャケット」

衣類に関しては、夏でも夜は寒くなるのでライディングジャケットは必ず持っていくようにしたほうがいいですね!

 

真夏でもバイクに乗る場合は、ジャケットは必ず準備しましょう。

本州などの暑さと比べると、夏は本当に涼しいです。

ツーリングの必須アイテム「ブーツカバー」

それと、北海道といえど、ツーリングに雨はつきものですので、雨具のブーツカバーも必須です!

 

ワークグローブや工具

バイクの整備用品である工具・軍手(ワークグローブ)は自身で使いなれたものを持っていくのがベストです。

 

 

逆に地図やガイドブックは現地の方が詳しいものがあったりするので、現地で調達しましょう。

最近ではスマホアプリでも十分ですよ。

北海道ツーリングはキャンプ場やライダーハウスの宿泊がおすすめ

北海道はバイクの聖地と言われるだけあってツーリングにとても理解のある土地なので、キャンプ場やライダーハウスなどライダー向けの宿泊施設が色んなところにあります。

ただ、テントや寝袋、マット、ランタンなどといったものは持参となるのでキャンプ場に泊るのか、ライダーハウスに泊るのかで持っていくものを変えましょう。

無料で泊まれる所から500円程度の所もありますし、とても安く泊まれますよ!

もし、函館方面へ行くコースの方は、北海道一おいしい朝食と言われる「ラビスタ函館」に泊まるのがおすすめです。

 

なんと、いくらなど、北海道で採れた海の幸を朝からかけ放題!お好みの海鮮丼を好きなだけ食べれます。

ぜひ、最高の朝食ビュッフェを堪能してみてください。

 

 

 

初心者がバイクでツーリングするなら北海道がおすすめな理由まとめ

今回は、北海道バイクツーリングについてご紹介させて頂きました!

これからちょうど夏に差し掛かり、ツーリングシーズンとなってきますので長期連休を取って、北海道を謳歌するのもいいですね♪

本州と違って、汗だくになりながらのツーリングではなく、涼しい中ツーリングができるので、気持ちよく走りたい方にもオススメです♪

なかなか、九州や四国などからだと遠いかもしれませんが、長期休暇さえ取ってあれば、フェリーを使って行ったりもできるのでぜひ検討してみてくださいね。

【あわせて読みたい】
【まだ間に合う!!】北海道ツーリングは10月に行くのがおすすめな理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP