マタニティマークがうざい!電車で妊婦様の自慢と勘違いされない方法

 

この記事では、マタニティマークを付けるときに、周囲の人に勘違いさせないための注意点をまとめました。

皆さんマタニティマークという物をご存知ですか?

マタニティマークとは交通機関等を利用する際や、万が一の緊急時にも周囲の人へ自分が妊婦である事を示す事が出来るマークです。

お母さんと赤ちゃんの為の優しい環境作りのマークですが、一方で自慢やうざいと感じる方もいるのが現実です…。

今回はなぜうざい、自慢だ、と勘違いされてしまうのか?また勘違いされないためにどうすべきかをお伝えします。

スポンサーリンク

お腹に赤ちゃんがいますキーホルダーはいつからつけるもの?

マタニティマークは、簡単に説明すると「お腹の中に赤ちゃんがいます」とお母さんが周囲の人へ示す為のマークです。

さて、このマタニティマークですが一体いつから付け始めるのが正解なのでしょうか?

答えは病院で妊娠が判明してからであればいつ、どのタイミングで付けてもOK!

妊娠発覚後、直ぐに付ける人もいれば、妊娠中は一度も付けなかったという人もいます。

マタニティマークは強制ではないので付ける、付けないは自分の意思次第ということですね。

ただし、なるべく妊娠が分かった早い段階から鞄などに付けておくのが重要でもあります。

妊娠後期となればお腹も大きく目立ち、周囲の人からも妊娠している事は分かりますが、重要なのは妊娠初期です。

妊娠初期はお腹が膨らんでおらず、周囲の人へ妊婦だということは分かりません。

また、妊娠初期は赤ちゃんの成長やお母さんの健康状態など維持する為の一番大切な時期でもあります。

そのため、マタニティマークは周囲の人へ妊婦である事を示すだけでなく、赤ちゃんとお母さんどちらの事も守ってくれるお守りみたいな存在でもあります。

スポンサーリンク

マタニティマークはどこでもらえるか

マタニティマークは厚生労働省が作成したマークで、現在では各自治体などで様々な種類のマタニティマークを提供しています。

 

具体的にマタニティマークを貰える場所は、

・各自治体の窓口
・鉄道会社の窓口

この2つの場所で無料で配布されています。

駅は、JRでも私鉄でも入手できます。

その他にも、マタニティ雑誌の付録に付いていたり、通販サイトで様々なデザインや価格のマタニティマークを購入する事が出来ます。

ハンドメイドで作ってオリジナルのマタニティマークを販売している方も居ますね。

ちなみに、私は結婚式場選びと妊娠発覚が重なった事もあり、式場選びで利用したゼクシィのお客様相談カウンターから無料で頂きましたよ♪

マタニティマークは自慢と捉えられてしまうのか

マタニティーマークへの嫌がらせは男性が多い

赤ちゃんとお母さんの安全を確保する為に大切なマタニティマーク。

その一方でマタニティマークを付けている妊婦をうざい、自慢だと捉えてしまう方もいるのが現実です。

まず、一番伝えておきたい事は、妊婦さんはマタニティマークを付ける事は間違っていないので、あまり気にしないで欲しいです。

実はマタニティマークをうざい、また自慢と捉え、嫌っている方の中には男性が大半です。

男性は女性と違い妊娠や出産を経験する事は人生で一度もありません。

その為妊娠中の苦労は理解しにくく、妊婦は病気ではないと思っている人も多いです。

また、交通機関等でマタニティマークを付けているのを見ると席を譲る方もいますが男性かすると、自分も一日仕事で疲れているのになぜ妊婦なだけで、席を譲らなければならないのか?と思ってしまう様です。

マタニティーマークへの不妊の女性などからの嫌がらせ

いっぽう、女性でマタニティマークを嫌っている方は僻みや妬みが多いです。

一度も結婚、妊娠、出産を経験した事がない女性、なかなか子どもが出来ず不妊治療を行っている女性や、流産や死産を経験した女性にとって妊婦はとても羨ましい存在になります。

その反動から嫌がらせをしてしまったり、幸せアピールをしていると捉えられることも多く、マタニティマークへの憧れや羨ましさから妬みや僻みが生まれます。

同じ女性だからこそ妊婦の気持ちが分かるのでは?と思う方もいますが、同じ女性だからこそマタニティマークがキラキラして見え、嫉妬心や辛い感情が湧き上がってくるのです。

以上のように、男性でも女性でもマタニティマークをうざいっと思ってしまう方もいるので、マタニティマークを付けているから席を譲ってもらえるのは当たり前みたいな態度でいるのは危険でもあります。

私の経験上、世の中の大抵の人は、マークを見たら、電車やバスの席を譲ってもらえることが多いので、必要以上にアピールしないこと、周囲の目を気にしすぎないことが大切だと思います。

マタニティマークをつけない人がいる理由!

先程のマタニティマークを付けている妊婦さんへの、一部の心無い周囲の人の気持ちに気付いている妊婦さんも多く、最近ではマタニティマークを付けない妊婦が増えています。

理由としては

・周りの視線が辛い
・嫌がらせをされた
・交通機関を利用しないので必要がない

というこの3点が多いです。

何も悪いことはしていないのに、「妊婦様」とまるで言われている様な視線を感じるのが辛く、あえてマタニティマークを付けない人が多いです。

また本当に悲しい事に交通機関等で「妊婦は病気じゃない」と直接暴言を吐かれたり足を掛けられ転倒させられそうになったり、肘でお腹を押される、酷い人でお腹を殴られたなんて経験した妊婦さんも数多く逆にマタニティマークを付ける方が危ないと感じる妊婦さんが増えています。

他にも、電車やバス等は普段利用せず、車移動が多い妊婦はマタニティマークは必要ないと思い付けていない人もいます。

マタニティマークの続きが描かれた「母子のためのお薬手帳」

マタニティマークの女性と赤ちゃんのその後を描かれたお薬手帳が、以前ネットで話題となっていましたね。

そのお薬手帳は、「母子のためのお薬手帳」と言います。

母子のためのお薬手帳には、産まれた赤ちゃんの1ヶ月検診の様子が描かれているそうです。

母子のためのお薬手帳の詳しい内容や、もらえる場所などの詳細については、以下の記事を参考にしてみてください。

【あわせて読みたい】
母子のためのお薬手帳とは?どこでもらえる?

マタニティマークを付けても電車で妊婦様の自慢と勘違いされない方法まとめ

妊婦は確かに病気ではありませんが、女性はお腹の中で1人で赤ちゃんを育て守っています。

妊婦の辛さや苦労は妊婦していない人にしか分かりませんが、時に周囲の人の力が必要な時もあるので、今後妊婦や赤ちゃんに優しい社会作りになっていってほしいなと思います。

ただし、世の中にはいろいろな人もいるので、妊婦さん自身も気をつけて行動しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP