Table of Contents Plus – 記事内に目次を自動生成するプラグイン

 

当サイト「ハピニュース」に、目次を導入しました。

マンガでも小説でも参考書でも目次のない書籍ってありませんよね?必要だからあるのだと思います。

サイトやブログではどうでしょうか?記事を書いていると長くなってしまうことがよくあります。そんな記事でも目次があると、その見出しまで瞬時に移動できるので読者にとって非常に便利な機能です。

そんなことでサイト立ち上げ当初からもともと目次を導入しようかずっと考えていて、いろいろ研究していたものの導入まで至っていなかったんですが、今回の記事を機に当サイトでも目次を導入することにしました。導入方法はHTMLやCSSをいじることもできましたが、簡単かつなかなかのクオリティで目次を導入できるプラグインを見つけたので、そちらで対応することとしました。

今回は、目次を記事を投稿するごとに自動で生成してくれるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の導入・設定方法について説明していきたいと思います。5分とかからず、めちゃめちゃ簡単に設定できます。

スポンサーリンク

↓この目次もプラグインで自動生成したものです↓

サイトやブログに目次を導入する利点!SEO対策にもなる

目次を導入すると、記事作成者にも読者にも以下のような良い効果があります。

  1. 見出しも意識するようになるので、文章にメリハリができる
  2. 見出しを確認して、自分に必要な情報があるか読者が確認できる
  3. 目次の見出しをクリックするとその段落まで移動できる
  4. SEO対策にもよいとされている

などが挙げられます。

特に長い記事になると、時間がなく必要な情報だけ確認したい読者や、何度もこの記事の同じ部分を確認したい場合(例えば料理の記事のレシピの部分)に非常に便利となります。

また、ネット上を調べていると目次があるとSEO対策としても優れているなどの情報がよく出てきます。Googleのアルゴリズムはよく変わるので目次がSEO対策として効果抜群と言い切れる人はいないと思いますが、「読者の利便性を上げる」という点では、Googleに優良なサイトと認められる可能性が高くなることから、充分効果があると私は思います。

Table of Contents Plus の便利な機能

  • 何より、インストールから設定まで5分で完了する
  • 投稿した記事に、毎回自動で目次を生成してくれる
  • 投稿ページ、固定ページなど目次を生成するか設定できる
  • 目次のカラーバリエーションや表示する位置や内容など細かい設定できる
  • 設定画面が日本語対応していて分かりやすい

スポンサーリンク

5分で完了する設定方法

プラグインを検索し、インストールして、有効化してください。その上でインストール済みプラグインのページからTable of Contents Plusの設定ボタンをクリックしてください。すると以下のようなページが表示されるので日本語に従って設定してください。

基本設定

では、各項目を補足します。

位置

最初の見出しの前:最初の見出しの直前に表示されます。
最初の見出しの後:最初の見出しの直後に表示されます。
上:記事の一番最初に表示されます。
下:記事の一番最後に表示されます。

表示条件

見出しがいくつ以上から目次を自動生成するか選べます。

以下のコンテンツタイプを自動挿入

POST:投稿ページのこと
PAGE:固定ページのこと

POSTは必須だと思いますが、固定ページはお好みでよいと思います。そのたカスタムCSSページも表示したい場合は各項目にチェック

見出しテキスト

目次不要と考える読者用に非表示ボタンも生成するか選択できます。

 

その他はお好みでチェックすればいいと思います。

上級者向け設定

見出しレベル

上級者向けは基本設定しなくてもいいと思いますが、1箇所だけ補足します。上級者向けの表示を押すとずらっと設定項目が増えます。好みの設定をしてください。

見出しのどのレベルまでを表示するか設定できます。これはご自身のサイトの状況に合わせ設定してください。

 

最後に「設定を更新」ボタンをクリック。

スポンサーリンク

自動生成された実際の目次

普段3階層とかにあまりしませんが、今回は3階層にして、記事を作成しました。

まとめ

プラグインが日本語対応しているので、すごく簡単でしたよね。目次を作成しようか考えている人はぜひ自分好みで目次を設定してみてください。

目次は、読者のためにも管理人のためにもなる重要なものです。

【グーグルアドセンスを使って収入を得るまでのステップ】
【2017年9月更新】合格して分かったGoogleアドセンスの真の審査基準  オススメ!

【GoogleアドセンスPINコード到着】住所確認方法とPINコードが届かない時の対処

Googleアドセンスへの銀行口座の登録や支払い方法の設定

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP