夏至とは?2018年はいつ?関東や関西で異なる風習や食べ物などの習慣

 

この記事では、夏至についての基礎知識や地域ごとに異なる夏至に食べる物をまとめました。

全国的にも「冬至」には『かぼちゃ』を家族で食べたりする習慣がありますよね。

では、みなさんの家庭で、「夏至」には何を食べていますか?

毎年ある日本の年中行事なので、夏至にすべきこと、食べる物などをしっかり理解して子どもに教えてあげてくださいね。

では、解説します。

スポンサーリンク

夏至と半夏生の意味とは

夏至とは、1年を24等分にした時に表す二十四節気のひとつです。

夏至は、日の出から日没までの時間(つまり太陽が出ている時間)が、1年で1番長い日のことを言います。

夏至は北極では太陽が沈まず、南極ではずっと夜のようです。不思議ですね♪

2018年の夏至はいつ?

2018年の夏至は、6月21日(木)になります。

夏至は期間をさす場合もあり、この場合、二十四節気で次に当たる「小暑(しょうしょ)」の前日までが夏至となります。

2018年の場合は、6月21日(木)~7月6日(金)までの期間ですね。

スポンサーリンク

半夏生(はんげしょう)とは

夏至に関連する言葉で、「半夏生(はんげしょう)」という言葉がありますが、いったいどういった意味なのでしょうか。

半夏生は旧暦で季節を表す呼び名の1つで、1年を72分割した七十二候(しちじゅうにこう)の1つとされています。

半夏生は夏至から数えて11日目あたりのことをいい、毎年7月22日頃を言います。

冬至の食べ物は南瓜という風習の理由

冬至は、夏至の逆で1年で昼が一番短い日のことを言います。

昔は医療も発展していないため、冬に風邪をひいてしまうことは命取りになりかねなかったので、栄養豊富な「かぼちゃ」を食べて健康でいようという由来から冬至の食べ物は「かぼちゃ」という風習がありました。

現代にもその風習は残っており、かぼちゃはβカロチンやビタミン類が豊富で風邪や寒い時期に増える脳卒中や動脈硬化の予防にもなります。

また、夏に収穫した南瓜は3か月も保存ができて冬頃が一番おいしくなります。

その他、日本特有の願掛けとして「運盛り」ということも、かぼちゃの風習に関係があるとされています。

冬至の時期は農作業をしている人には嫌な時期です。

冬至が過ぎると「この日を境にどんどん日差しは強くなる」つまり暖かくなり、運も上昇すると考えられていました。

以上のさまざまな理由から、冬至にかぼちゃを食べるという風習ができたのです。

夏至の食べ物といえば何?地域ごとの風習は?

では、夏至の食べ物といえばなんでしょうか。

じつは、夏至の食べ物は全国的にはとくに決まっていません。

ただ、地域ごとで夏至から半夏生の期間でよく食べるとされている物があるので紹介します。

関西地方の夏至の食べ物は「タコ」

関西地方では「タコ」が夏至に食べられます。

これには、「稲がタコの足のように根を張りますように」という願いが込められています。

さらに、奈良や和歌山ではもち米と小麦を同量あわせてつき、きな粉をまぶして作った巨海麦餅というものを食べます。

この時期は小麦が収穫される時期で、昔は稲の豊作を願って食べていました。

他にも京都では「水無月」という和菓子をたべるようです。

関東地方の夏至の食べ物は「お餅」

関東地では小麦で作ったお餅をやいたものをたべます。

米でつくるお餅のように、小麦でも同じようにして食べていたようです。

スポンサーリンク

夏至に催される行事やイベント

夏至の日は世界各地で夏至祭りが開催されます。

伊勢市の夏至祭り

 

三重県の伊勢市にある二見浦の海には夫婦が寄り添うように見える岩があり、夏至の期間だけその夫婦岩の間から朝日がのぼります。
神秘的ですね♪

夏至祭りでは白装束を身にまとった300人くらいの男女が天照大神を迎えるために祝詞(のりと)といわれる神徳を称えます。

そして気合を入れて海に入り、朝日が昇ろうとする夫婦岩にむけて国歌を合唱します。

キャンドルナイト

 

夏至と冬至の日は、「電気を消してロウソクの火でゆっくり過ごそう」というスローガンから”キャンドルナイト”というイベントもあります。

電気を消す時間は20時から22時です。

その間、参加者たちは「感じたこと」などをゆっくり語り合うのです。

この運動は、もともとカナダの原子力初遺伝を推し進める政策に反対した「自主的停電運動」をヒントに日本でイベント化されたものだそうです。

当初は、東京タワーの消灯なども行われるようになり、全国各地で大規模なイベントが行われていましたが、現在では小規模なものや自主的に自宅で行われています。

夏至の風習や食べ物まとめ

今回は夏至の風習や食べ物、イベントについてまとめてきました。

そして何より、1年で1番太陽が出ている時間が長い日ということを覚えておくといいでしょう。

【あわせて読みたい】
6月といえば?行事・イベント・記念日・風物詩・行事食・花のまとめ

では、また明日!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP