映画『シン・ゴジラ』が11月地上波初放送-アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』も公開

 

昨年アカデミー賞7冠をとった庵野秀明監督の大ヒット映画「シン・ゴジラ」が、なんと11月12日(日)夜9時からテレビ朝日で地上波初放送されることが決定しました。

映画がついこの前までやっていたのに、TV放送は意外と早かったですね^^

テレビ朝日宣伝部さんのツイッターでは、このとおりツイートしております。

スポンサーリンク

昨年の映画なのになぜ「シン・ゴジラ」はもうTV放送するのか

「シン・ゴジラ」は、興行収入約82億円で、2016年に公開された実写邦画の中で1位でした。

そして、DVDやブルーレイの発売やレンタルを開始してからもまだ時間が全然経っていません。まだまだこれから沢山売れそうですね。

そんな「シン・ゴジラ」が、なぜもうTVで放送されるのでしょうか。

それは、以前「2017年アニメ映画化『GODZILLA 怪獣惑星』予告・前売り券・声優情報」という記事で2017年11月17日に公開されるアニメ版ゴジラについて詳しく書きましたが、こちらの公開に合わせて、「シン・ゴジラ」をテレビで放送すると予想されます。

スポンサーリンク

実写映画『シン・ゴジラ』とアニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』の設定比較

「シン・ゴジラ」は現代の日本にゴジラが出現した場合に、日本はどうゴジラに立ち向かうのかをリアリティを追求して描いた作品」です。実際に起こった場合の内閣や自衛隊などの対応を会話主体でリアルに描いたことがヒットとなりました。

一方、アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』では、二万年後の未来の地球を舞台にしたSFアニメーション作品です。地球を奪われた人類が、故郷地球を取り戻すための物語となっております。

全く異なる設定の作品ですが、シン・ゴジラの大ヒットをきっかけにアニメ版ゴジラも注目されております。

私は、シン・ゴジラも観て楽しかったし、アニメも好きなので、『GODZILLA 怪獣惑星』も観にいこうと思います。

まだ、アニメ版の『GODZILLA 怪獣惑星』の内容は分かりませんが、「シン・ゴジラ」は政治や経済なども取り入れた作品でもあるので、子供よりも大人におすすめの作品です。

まだ、観ていない方はこれを機に「シン・ゴジラ」を観てみてはどうでしょうか。そして興味があれば、アニメ版も観ると今までにない新しいゴジラを楽しめると思います。

 

この記事を読んだ方に最近観に行った実写映画「亜人」のレビュー記事も人気です↓

 人気記事!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP