LINEが仮想通貨事業に参入!市場への影響は?XRPに影響あり?

 

通信アプリ大手のLINEが1月31日に、「仮想通貨交換」などができる取引所をはじめ、仮想通貨事業に参入すると発表されました。

また、同日、LINE子会社「LINEモバイル」がソフトバンク傘下になるということも発表されました。

この2つのニュースはいったい仮想通貨市場にどんな影響を与えるのでしょうか。

私の考えでは、今後「XRP(リップル)」の動向に注目したいところです。

その理由を解説します。

LINEの仮想通貨事業への関与のニュースについて

本日取り上げられたニュースについてですが、まずは、LINEのアプリを最大限に利用した「仮想通貨の交換」などができる取引所が開設されるようです。

あわせて、ブロックチェーン技術などの研究開発も進めていくとのこと。

また、金融庁への仮想通貨交換業者登録のための手続きもすでに開始しています。金融庁の認可がおり次第サービス開始となるので、そう遠くはない未来の話となりそうですね。

その他、今回の発表で「ローン」「保険」などのサービスも運営していくと発表されました。

LINEは一気に金融市場に乗り込んでくるようですね。その際特にセキュリティー対策を徹底すると強調しました。

LINEモバイルがソフトバンクの傘下になることによる仮想通貨市場への影響

また、同日、LINE子会社である「LINEモバイル」がソフトバンク傘下に入るニュースも発表されました。

これは単なる格安SIMなどのスマホ産業の面での経営戦略ではあると思いますが、長期的な視点だとソフトバンクも、仮想通貨事業への参入や出資などを狙っていて、ゆくゆくはLINEファイナンシャルどうにかすると言うこともありえる話だと思います。

なにより、ソフトバンクグループであるSBIは仮想通貨市場で強力な影響力がありますので、今後「XRP(リップル)」対する影響がよい方向に向かっていくのではないかと予想できます。

「XRP(リップル)」の値動きなど長い目で注目していきたいと思います。

また、XRPは実用化にもっとも近いとも言われすごく期待されている通貨です。「【2018年仮想通貨の売買開始】おすすめ取引所登録とBTC、XRP、BCC購入してみた」の記事で紹介しているとおり、私もXRPを購入し所持しております。

昨年末よりだいぶお手ごろ価格になってますので、これを機に購入してみてください。

なお、XRPを安い手数料で安全に取引できる取引所は、「ビットバンク」、販売所なら「【GMOコイン】」です。

ビットバンクなら取引手数料が無料だし、GMOコインなら入金・出金が無料という利点があります。

まだ開設していない方は、口座開設までは最短1日ですが、時期によっては時間もかかる場合もありますので、チャンスを逃さないためにも早めに登録しておくことをおすすめします。(登録は基本情報を入力するだけなので以下の公式サイトから3分で完了します。)

XRPを安い手数料で安全に購入したいなら、この2つの取引所は登録しておきましょう。

LINEファイナンス、LINEモバイル、そしてXRPの今後の動向に注目していきましょう。LINE Payでも仮想通貨を売り買いできるようになったらすごく便利ですね。

【あわせて読みたい】
【2018年仮想通貨の売買開始】おすすめ取引所登録とBTC、XRP、BCC購入してみた

では、また明日!
by どなてろ(@Donatello_happy

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
 



PAGE TOP